前代未聞のセルフビルド建築、沢田マンションが今の時代に問うこと。

沢田マンションって何?

マンションは建設会社が主体となり、さまざまな業者が関わって作るのが常識。ところが設計から基礎工事、さらには内装まで、なんと夫婦ふたりだけで作り上げた物件があるのです。それが、高知県高知市にある沢田マンション。建物は地下1階、地上5階建ての鉄筋コンクリート造り。土地面積は550坪。初めて聞く人は、にわかに信じられないかもしれませんね。それでも1972年に入居を開始して以来、今も多くの住民が生活を営んでいます。

建築のプロも注目をする 唯一無二のマンション

沢田マンションが建つのは高知市薊野北町。JR高知駅から車で10分ほどの住宅街です。建てたのは、沢田嘉農さん(故人)と裕江さんご夫婦。まずは建て売り住宅の建設からスタート、すべてを自分たちだけで作るセルフビルド建築のキャリアを重ね、その集大成として沢田マンションを手がけました。1971年に着工、全3期に分けて工事を進め、現在の規模に至ったのが1985年といわれています。夫婦ふたりだけで建てたマンションは噂となり、やがてマスコミの目に留まることに。テレビで「高知の九龍城」などとユニークなマンションとして取り上げられることもありました。

興味本位で報道される一方、建物としての価値を見いだした建築の専門家が各地から訪れるようになります。常識に囚われない工法。自在なパブリックスペース。工夫の数々。一般のマンションではまず見ることのできないものが、あまりにも多いのです。では、住み心地はどうなのでしょうか。現在、総戸数は68戸ですが、ほとんどの部屋が埋まっている状況。比較的年配の居住者が多いものの、若者の入居者も増えているそう。いったい、沢田マンションのどこが人を惹きつけるのでしょうか。ここからは、その内部をご紹介しましょう。

建物内を巡るスロープがバリアフリー時代に対応

沢田マンションは外壁が白いペンキで塗られており、どっしりと重厚な雰囲気。地下が駐車場で1階から4階まで賃貸の居住区、5階に大家の沢田裕江さんと2人の娘さんのご家族が住んでいます。建物の入口に立つとまず目に入るのが、野菜やお米の無人販売コーナーとショップの手造り看板。ここが居住者以外の人々にも開かれたマンションであることがわかります。

ゆるやかな坂を上り、敷地内へ。1階の入口に近い場所はテナントになっていて、リラクゼーションショップ、ギャラリーカフェ、イタリアンカフェが入っています。ギャラリーは住民のひとりが主宰し、二十数名のアーティストが順次作品を発表しているそう。ギャラリーを併設し、身近にアートがあるマンションなんて、ちょっと素敵です。

テナントの前からは、2本のスロープが延びています。1本は地下駐車場へ向かう下り坂。もう1本は上階へ向かう上り坂。この上りのスロープは2階と3階に枝分かれし、さらにマンションの内部を突っ切り裏手に回り、4階、5階へと続きます。このスロープが沢田マンションのメインストリート。

上階の住人も玄関から自転車で外出でき、その気になれば軽自動車なら3階まで行くことも可能です。ちなみに、沢田マンションには1階から5階直通の資材運搬用リフトはあるものの、エレベーターはありません。

そのかわり、第3期工事終了後に増設されたのがスロープなのだとか。沢田夫妻の自由な発想が生み出した、電力いらずのバリアフリー設計ともいえます。

次のページへ

2012/12/12

↑ page top