DIYで憧れのキャットウォークを実現!

ある日、マンション・ラボ編集部に、一通のメールが入った。

マンション・ラボ編集部 御中
いつも楽しく拝見させてもらっています。私、奥村(仮名)と申します。

実は今回、お願いがあってメールさせていただきました。私は今、ネコを飼っています。最近テレビや雑誌で、ネコが楽しめる「キャットウォーク」をみて、自分の家でも作りたい!と思っていろいろ調べてみたのですが、どうやったらいいかまったくわからなくて・・・。

そういえば、マンションラボさんでいろいろやっているのを思い出して、メールしてしまいました。

お願いです。キャットウォークについて、何か記事みたいなもので取り上げてもらえないでしょうか。無理なお願いだとは思いますが、ぜひ検討だけでもしてもらえたら嬉しいです。これからも応援してます!ヨロシクお願いします。

「マンションにキャットウォークをつくりたい」。かつてここまで大胆でわがままな依頼があっただろうか…。気持ちはわかる。が、しかし。無理だろう。ただでさえマンションは、戸境壁など構造上、壁面を使うのが難しいとされている。「残念だが、断ろう」編集部でコンテンツ制作を担当するNは、当然のことながら断りの連絡を入れようとしていた。

しかし、その考えを真っ向から否定する人物が現れた。奥村氏のメールをみていた、同じ編集部のSだ。Sはアイデアマンと自称するだけあり、これまでにも数々の不可能とも思える企画を実現してきた人物だ。

「まさかやんないわけないよね~。これ面白いじゃん!確かホームセンターに行けば壁を傷つけずに柱を立てられるグッズも売ってるしさ。ほら、こんな感じでやっちゃえばいいんだよ!」

そういって送られてきた壁面の写真にキャットウォークのラフを描いてみせた。

しかし、つくるといっても現実はそう甘くはない。マンションでは、間仕切り壁や隣と接する戸境壁がコンクリート製になっていて、管理規約上、勝手に造作できないケースが多々ある。そのため、「何とかこの壁を有効活用したいけど、手が出せない」とあきらめている人も多いくらいなのだ。

そこで、以前コラム「マンション生活に便利なホームセンターグッズ」でお世話になった、DIYアドバイザーの山田先生に相談してみた。

「キャットウォークですか!?さすがはマンション・ラボさん、相変わらず面白いこと考えますね~。できないことはないですよ。キズをつけたくない壁に、突っ張り棒の原理で簡単に棚などを造作できる用品を使えば、いけると思います。グッズもホームセンターですぐに入手できるものですから。」

よし!これで、キャットウォークをつくる準備が整った。さっそく依頼主の奥村氏に連絡すると、まさか実際につくってくれるとは思っていなかった様子で、大喜び。

「ありがとうございます!ぜひぜひよろしくお願いします!」との返答をいただいた。

その後、依頼主の部屋の写真をもとに、山田先生とともにキャットウォークの設計を検討し、だいたいのイメージをつかんだマンション・ラボ編集部。

かくして、マンション・ラボ初のチャレンジ企画「キャットウォークプロジェクト」がはじまった。

2012/07/11

↑ page top