マンションの和室がDIYペイントでモダンなインテリアに!

みなさんこんにちは!マンション・ラボ編集部です。マンション・ラボでは、2013年12月に表参道にあるウォールデコレーションストアで、壁のペイントや壁紙を張る体験ができるワークショップを実施いたしました。

今回は、その時にご参加いただいたSさん宅で、実際にご夫婦でペイントを行ったということで、取材に伺ってみました!事前のお話によると、和室の壁を一面黒にしてみたとのこと!普通マンションの壁は白いことが多いですが、正反対の黒に塗るなんて、とても斬新ですよね。いったいどんな感じに仕上がっているのでしょうか?

和室の壁を黒にペイントし、モダンな印象に。

DIYでペイントを行ったSさん宅の和室

こちらがペイントを終えたSさんの和室です!いかがですか?マンションで黒い壁の和室なんて、初めてご覧になった方もいるのではないでしょうか。畳の緑色と黒い壁面、そこに映える鮮やかな壁掛けの色合いが見事に調和し、とてもお洒落な雰囲気の和室に仕上がっていますよね。
違った角度から見た写真や、ビフォーアフターもご紹介しましょう。

和室は普段は寝室として使用しているそうです。隣にあるリビングやモダンなインテリアとも見事に調和していますね。

写真左:ペイント前の和室。写真右:ペイント後の和室。壁に黒をあしらうことで、部屋全体がシャープで落ち着いた印象になりました。

こだわり抜いた「色選び」

Sさんに、壁をペイントをしようと思ったきっかけや、塗るまでの準備、実際に塗ってみた感想をお聞きしました。

「もともと壁を黒にしてみたいと思ったのは、とあるインテリアカタログの影響からです。リビング等もそのカタログを参考にインテリアを考えたのですが、その中でも黒い壁の寝室がとてもインパクトがあり、いつか我が家の和室の壁紙も黒に出来たらいいなと考えていました。

今回、奇遇にもマンション・ラボさんの企画として、ウォールデコレーションのワークショップを募集されていたので、自宅の壁紙をアレンジ出来るきっかけになればと思い、参加させて頂きました。」

こちらが、Sさんが参考にしたカタログ。確かに壁が黒の寝室が。とってもお洒落でモダンです!

「ワークショップに参加させて頂いたのを機に、何度か店舗に伺いました。当初は黒い壁紙をイメージしていたのですが、なかなか無地一色の黒い壁紙が見つからず、サンプルカタログを一通り拝見した上で最終的にペイントに決めました。

ペイントの場合、一口に黒といっても青みがかったものもあれば、緑が強めのものもあり、色選びが非常に難しかったです。とにかく本当にたくさんの種類の「黒」がありますので、ペイントを検討されている方は、ぜひ店舗のカラーサンプルを手に取って、スタッフの方のアドバイスを参考に、入念にイメージされることをお勧めします。(笑)」

こちらは実際に使用したカラーサンプル。これ、同じ黒なの?というくらい色のバリエーションがあるのですね。

こちらはもうひとつの候補だった、壁の色をベージュにした場合のシミュレーション。このような検討を重ねてみて、最終的に黒に落ち着いたということです。

夫婦二人で行ったペイント。ポイントは「養生」!

「今回、1月の3連休を利用してペイントを実施しました。幸い、我が家の和室には家具を配置していなかったため、事前準備は養生のみで済みました。

ワークショップでも養生7割といわれていたほどに下準備が重要となり、まずは私がマスキングを床に貼っていき、それを参考に主人には天井や縁をお願いしました。

使用したのはペンキ(0.9L)×2缶、ハケ、筆など、道具一式でおおよそ1万円~2万円ぐらいで済み、当初はもっと予算が嵩むかな?と考えていたため、予想以上に安く抑えられ、本当にいいのかな?と思いました。」

今回使用した道具。扱いが難しいものは特に無さそう。

「一通りの下準備が終わったので、いよいよペイントを始めることになり、まず真っ白な壁への最初のひと筆は私が下ろしました。それを真横で見ていた主人はドキドキだったようですが、私の中では『今よりもっと素敵になるはず』と確信があったので、迷いはありませんでした。

細かい作業等は主人のほうが得意なので、実際の作業はほとんど主人に任せましたが、塗りをしている工程でペンキが思わぬところに飛び散るため、やはりマスカー等の養生を徹底することが大切です。」

天井の梁と黒く塗られた壁。養生のおかげで全然ペンキが飛び散っていません。

こちらは畳と黒く塗られた壁の様子。こちらにもペンキが付いていませんね。とても綺麗に塗れています。

「ペンキが完全に乾くまで3日ほどかかりますので、その間、塗りムラが気になるかもしれませんが、乾ききると色が均一に落ち着きます。

当初、主人は黒い壁にすることにやや不安がありましたが、完成した壁を見て、今ではすっかり気に入っています。仕事から帰宅した後も、何度も何度も見て、素晴らしい!やっぱり塗って良かったね!と大感激です。今度は違う部屋の壁をプラム色に塗り変えたり、壁紙も試してみたいです。」

こんなにすぐに自宅でペイントにチャレンジされ、大成功&大満足のSさん。最後に、今後DIYでペイントを行おうとしている皆さまにアドバイスを頂きました。

「最初は自分で壁を塗るということに抵抗があるかもしれませんが、まずは、絶対に成功させたい・綺麗に仕上げようと思う気持ちが肝心です。その気持ちがあれば、満足のいく仕上がりに繋げられると思うからです。

ペイントはついつい職人の方にしかできない、費用がとてもかかる・・・というイメージがありますが、道具とペンキさえそろえば素人でも簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。」


いかがでしたか?Sさんのおっしゃる通り、壁を変えるというのはとてもハードルが高そうだと思いがちが、実は身近な道具で誰でもできるというのがお分かりいただけたのではないかと思います。

ご自宅の壁を自由に、自分らしく変えることで、もっと過ごしやすく、もっと楽しいマンションライフが送れるようになるかもしれませんよ。みなさんも、ぜひSさんのように一歩踏み出してみてください!

2014/03/10

↑ page top