ウォールデコレーションが好きになる!ビギナー体験会レポート

真っ白なマンションの壁を自由に彩り、自分だけのステキな空間にしてみたい。そんな願いを手軽にかなえることができる「ウォールデコレーション」。

今回は、その魅力を実際に体験していただくため、コラムでもお馴染みのウォールデコレーションストアさんに協力をいただき、マンション住民の方を対象としたワークショップを開催しました。

ウォールデコレーションストアさんの連載コラムはこちら
ウォールデコレーションする暮らし

ウォールデコレーションストアスタッフの江田さん(写真左)、倉本さん(写真右)

ウォールデコレーション初心者の方を対象に行ったため、壁に色を塗ったり壁紙を張ったりする作業にとまどいもあるかと思いきや、みなさん初心者とは思えない作業っぷりに、スタッフもびっくり!常に笑顔の絶えない、楽しい一日となりました。

いざ、ウォールデコレーション!まずはペイントの体験から

今回は、ウォールデコレーションストア スタッフの倉本さんにレクチャーをしていただきながら、ご参加いただいた全5組の方に、ペイント・壁紙を張る作業を体験していただきました。

参加者の皆さんには、服が汚れないようマンション・ラボとウォールデコレーションストアのオリジナルワークシャツを着て作業してもらいました。

最初は2組のご家族から。オリジナルのワークシャツをきて、いよいよワークショップスタート!

ウォールデコレーションストア スタッフの倉本さん。丁寧なレクチャーには定評があります。

まずはペイント体験から。ウォールデコレーションストア内にある、「ウォールラボ」という体験ブースを使って行います。倉本さんいわく、「ペイントは床や壁の養生がほとんど。ペンキを塗る作業は一瞬で終わります」とのこと。しっかりとした下準備が大切なんですね。

では、ここから作業風景をみていただきましょう。

①まずは色を塗りたくない箇所にマスキングテープとマスカーを使って養生をしていきます。

②マスカーは、張り終えると幅55cmほどのビニールが出てくるスグレモノでした!これでペンキが床に着くのを防ぐことができるんですね。

③養生が完了しました。これなら自宅でも安心して作業ができます。

下準備が大切なだけに、しっかりやろうと思うとそれなりに大変な作業です。それでも参加者のみなさん、きっちりやり方を覚えていました。さぁ、次はいよいよ本番!壁にペンキを塗っていきます。

④ペンキは主にローラーで塗っていきます。想像以上になめらかにスイスイ塗れるので、とっても楽しそうです!

⑤きれいに壁をペイントできました。今回使用したペンキは速乾性なので、すぐに乾き始めていました。乾くまでの待ち時間が少なくて済むのも、自宅で作業をする際にはうれしいですよね。

ペイントは、床などにペンキがつかないよう、しっかり養生するといった下準備が必要ではあるものの、まったく服も汚れず、家族みんなで協力すれば、むしろ楽しい時間にかわるような気がしました。力を使わずにスイスイ塗れるので、こちらも奥様やお子様と一緒に作業すれば、より「家族みんなの部屋」として、愛着が増すと思いますよ。家族団らんにもぴったりですね。

また、ペンキから嫌なにおいがするかな?と思っていましたが、全然しませんでした。今回使用したペンキはアメリカ製の塗料で、シックハウスの原因であるVOCを 含んでおらず、飛び散りやムラも最小限に抑えられるそうです。これならどなたでも室内で安心して作業できますね。家具や建具にも塗れるそうです。

次のページ:こんなに簡単なの?と驚きの壁紙張りワークショップ

2014/01/16

↑ page top