ポイントはグリーンと花!初心者にも簡単な秋のフラワーアレンジメント

鉢カバーや箱にガラス容器を入れてアレンジメントベースに活用!

陶器の鉢に、デュラレックスのコップを入れて。

小さな籠の鉢カバーには、ヨーグルトの瓶などがぴったりです。

今度は、花を多めにしたアレンジメントにしてみましょう。

①花材は、ユーカリ、センニチソウ、オレンジの実のヒペリカムピンキーフレア、トルコキキョウ、ナデシコなどの秋らしい色合いのもの。

②ユーカリの茎の下の方の葉はカットしていきます。

③ヒペリカムピンキーフレアや、トルコキキョウを中心に据えて、バランスを見ながら花を足していきます。

④左手はずっと離さず、このままでバランスをみます。

⑤丁度いいボリュームになったら、茎丈を揃えて同じ長さにカット。

⑥輪ゴムで軽くゆわえます。きつく縛ると茎が傷むので注意を。

⑦さきほどのデュラレックスのコップを入れた鉢カバーに、斜めに挿して出来上がり。

ばさっと花を摘んできて投げ入れたような、無造作な感じで飾るといい雰囲気になります。

ミニブーケを再利用してアレンジメントまで楽しむのもオススメ

からならの木の店先で売っているミニブーケ。

花好きの方ならよくやっていらっしゃるでしょうが、いただきものの花束や、フラワーショップで購入したミニブーケなどを、花瓶で飾ってしばらく楽しんだあと、活け直してアレンジメントへ再利用して楽しめます。

ミニブーケなら、いろんなタイプの花や葉が入っているので、家庭でアレンジメントをつくるには経済的でいいでしょう。
また、お部屋に大きな葉の観葉植物などがあれば、今回のように数枚アレンジメントに添えてみるとよいです。


立派な花器がなくても、家庭にある食器や籠、鉢カバーなどを活用すれば、立派なアレンジメントベースになります。
この器に花を飾ったらどうなるだろう?という視点で食器棚を見てみると、独創的なアレンジメントのアイデアが生まれてくるはずです。秋らしいアレンジメントに挑戦してみてください。

2013/11/14

プロフィール

↑ page top