風水とパワースポット~浅草寺(せんそうじ)から良い気をいただく~

前回からパワースポットについてご紹介しています。今回は浅草寺です。

浅草寺は飛鳥時代に建立された都内最古の寺社で、多くの人の信仰を集め、徳川家康には幕府の祈願所と定められて栄えてきました。江戸の町民にも、浅草観音の名前で親しまれてきました。現在では観光名所としても有名で、外国人観光客も多いです。

浅草寺は観世音菩薩をまつっています。観音さまは人々の苦しみを除いて願いをきいてくださるという慈悲深い仏さまです。

さて、その浅草寺に私もつい先日お参りしてきました。まずは雷門です。ほかにも門はありますが、混んでいてもやはりお参りするときには、この一の門をくぐって本堂へ進みたいものです。

それに、雷門はなんといっても浅草のシンボル的存在ですから、ここに行かなくては、話は始まりません。門の左右に安置されているのは、風神・雷神像です。そのため、最初は「風雷神門」と呼ばれていたのだそう。

いつの間にか「雷門」と省略されて呼ばれるようになったようです。真ん中の提灯の下には龍神の彫り物がありますので、それもお見逃しなく。

それでは、写真を中心に浅草寺のポイントをご紹介していきましょう。

雷門の前はいつも人がごった返しています。右の写真は提灯の下の龍神の彫り物です。

続いて二の門の「宝蔵門」をくぐります。

宝蔵門をくぐると、左手に五重塔、右手にはスカイツリーがちょうど見えます。

本堂の手前でお線香を焚いています。治してもらいたいところに煙を扇ぎ寄せます。私は特に身体に不調なところはなかったので、アンチエイジングをお願いしました。

ご利益に与ろうという人たちがたくさん立ち止まって煙を扇ぎ寄せています。

人がいっぱいで、お水舎がどこにあるのかわかりませんが、この右側のほうにお水舎があります。そこで身体を清めてから本堂でお参りしましょう。お水屋にまつられている龍神像は高村光雲の作です。

そして本堂です。私は特に悩みも野心も無いので、就職活動が始まったばかりの息子のことをお願いしました。

おみくじを引いて就活の運勢を占うと、「大吉」が出ました。幸先が良くてうれしいです。お寺には、忙しい人は身近な人に代わりにお参りしてもらうのも、とてもご利益があると言われています。

本堂の中の天井図にもパワーを感じます。
「龍之図」は川端龍子(かわばたりゅうし)、「天人之図」(てんにんのず)は堂本印象(どうもといんしょう)の手によるものです。

(写真左)浅草寺の本堂。勾配が急な屋根が特徴です。/(写真右)龍之図

お参りを済ませたら、浅草を散歩しましょう。浅草の老舗喫茶店アンヂェラスに行きました。ウインドウの中には、昔懐かしいバタークリームのケーキも並んでいます。

(写真左)アンヂェラスの入り口。インテリアもレトロで落ち着く喫茶店です。/(写真右)私はコーヒーとサバランを注文しました。甘くて大きいサバラン。アンヂェラスではサバリンの名前になっています。名前もレトロですね。

パワースポットへは、時間のゆとりを持って訪れ、ゆっくり過ごして、心と身体を清めましょう。そして、深く呼吸して、大地から湧き上がるエネルギーである「気」を吸収しましょう。それから、パワースポットで食べ物や飲み物を口にするとさらに効果があります。

こちらの記事でもパワースポットについてご紹介していますので、合わせてご覧ください。

風水とパワースポット~諏訪大社から良い気をいただく~
風水とパワースポット~神社から良い気をいただく~

2014/01/22

プロフィール

工藤 沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


↑ page top