知らないうちに運が下がるNG風水:トイレのNG風水

ついやってしまいがちな、運が下がってしまう風水、つまり「NG風水」についてお話しします。今回は、トイレのNG風水についてです。

トイレでやってはいけないこと・置いてはいけないもの

本棚や勉強アイテムを置かない!トイレで過ごす時間はなるべく短く

トイレでのんびり過ごしたいという方は意外に多いようです。トイレがきれいで快適というのは良い風水なのですが、のんびり過ごす工夫をしてしまうのは行き過ぎです。

例えば、本棚を設置していたり、子どものために漢字表や地図を貼ったりなどは、典型的なNG風水です。トイレは本を読んだり、勉強したりする場所ではありません。トイレはもともと悪い風水の部屋なのですから、トイレで過ごす時間はなるべく短くしましょう。

また、紙類をたくさんトイレの中に置いておくと、湿気を吸い、匂いがしみついたりもしますから、本や雑誌を常に置いておくのは良くありません。カレンダーくらいなら許容範囲内と思いますが、カレンダーを見ながらトイレで計画を練るというのはNGです。風水的にはトイレで計画した予定はろくな結果を招きません。また、リラックスしているときには良いアイディアが生まれたりするものですが、お風呂で思いついたとか、散歩やジョギング中に思いついたという話はよく聞くものの、トイレで画期的なアイディアを思いついた、という話は耳にしたことがありません。
同様に、トイレの中でメールを打ったりするのも、友人との関係に悪い影響を与えます。携帯をトイレに持ち込むのはやめましょう。

次のページ:仏像やキリストの写真・絵などもNG

2013/02/13

プロフィール

工藤 沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


↑ page top