トイレに噴水の絵を飾ると金運が下がる? トイレ風水セルフチェック

風水を取り入れているつもりでやっていることが、逆にトイレの風水を悪くしている可能性があります。すぐわかる風水セルフチェックリストで、トイレの風水の間違いや悪い習慣を正して、トイレの風水をきちんと考えましょう。

トイレの風水チェックリスト

トイレは風水上、気をつけなくてはならない場所です。知らず知らずのうちに、自分の運気を下げているかもしれません。以下のチェックリストを見て、ご自分のトイレは大丈夫か確認してみましょう。

□ トイレに本を置いている
□ トイレに噴水の絵を飾っている
□ トイレにコレクションが置いてある
トイレに観葉植物を飾っている
□ 盛り塩をトイレの隅に置いている
□ 子どものために、
トイレにひらがな表や地図を貼っている
トイレに家族の写真を飾っている
トイレに消臭剤や芳香剤を置いている
トイレにポプリを飾っている
トイレにクリスタルを飾っている
トイレに鏡がある

当てはまるものはありましたか?
上記リストには、良いものも悪いものも含まれています。1つずつ説明していきましょう。

トイレによい風水は、観葉植物や良い香り、クリスタル

・ トイレに観葉植物を飾っている ⇒ ◎

トイレは「水」の気の強い場所。観葉植物は「木」で、「木」は「水」を吸い上げてくれるので、トイレに飾ると良いアイテムです。

・ トイレに消臭剤や芳香剤を置いている ⇒ ◎

良い香りは良い気を呼び、いやな臭いは悪い気を呼びます。トイレが臭うのはとても悪い風水なので、香りに気を使うのはGoodです。

・ トイレにクリスタルを飾っている ⇒ ◎

クリスタルはどこに飾っても問題ありません。トイレの悪い気を祓ってくれます。

トイレに悪い風水は、金運アップのつもりの噴水の絵やポプリなど

・ トイレに本を置いている ⇒ ×

トイレは悪い風水の場所なので、長時間過ごすのはNG。読書したりして、つい長居してしまうと運気下降となります。

・ トイレに噴水の絵を飾っている ⇒ ×

「水」の気の多いトイレに、水の絵を飾ると、さらにトイレの「水」の気を増やすことになるので、水の絵や魚の絵は絶対置いてはいけません。また、噴水は金運の象徴。噴水の絵をトイレに飾るといいという間違った情報が流れているらしく、診断に伺ったお宅で2件ほど見かけました。金運アップするものをトイレに飾っては、金運が流れてしまいます。

・ トイレにコレクションが置いてある ⇒ ×

カエルの置物は金運アップのラッキーアイテムですが、診断に伺ったお宅で、カエルコレクションを飾っているお宅がありました。それでは金運が大量に流れてしまいます。トイレにはなるべく飾りを置かずに、シンプルなインテリアにしておくのが無難です。

・ 子どものために、トイレにひらがな表や地図を貼っている ⇒ ×

前述のように、トイレで長時間過ごすと運気が下がります。子どもにとっても、トイレで長時間過ごす習慣をつける必要はないでしょう。

トイレにポプリを飾っている ⇒ ×

香りに気を使うのはGoodと言っても、ポプリはNGです。ポプリは、ドライフラワーと同様、風水では枯れたものとして分類され、悪い風水です。

トイレに盛り塩や鏡は、場合によって良くも悪くもなる可能性が!

・ 盛り塩をトイレの隅に置いている。 ⇒△

北東方位や南西方位にトイレがある場合は、盛り塩があると良いです。それ以外の方位であれば、盛り塩は必要ありません。

・ トイレに鏡がある。 ⇒△

トイレに鏡があっても構わないのですが、便器が映る位置に鏡があるのは×です。

トイレに写真を飾っている。 ⇒△

風景の写真やポスターなどは構いません。でも、家族が映っている写真は飾らないように。


ご自宅のトイレをチェックしてみて、×はいくつありましたか?あればすぐに直してくださいね。
次回もトイレの風水のお話が続きます。お楽しみに。

※画像はイメージです。

2011/06/08

プロフィール

工藤 沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


「英国式風水で幸せになるインテリア術」
「英国式風水で幸せになるインテリア術」
こんなお洒落な風水なら、きっと試したくなる。 「幸せになる」お部屋づくりのヒントを、美しいインテリア写真を使ってわかりやすく解説した工藤先生の著書。従来の風水関連書籍にはないハイセンスなインテリアや小物使いのテクニックは、コーディネートの参考にもなります。 (発行:トーソー出版 企画制作:株式会社デュウ)
購入はAmazon.co.jpサイトへ

ランキング

↑ page top