マンションアフタースクールプロジェクトPart.10~今回も大成功! 「第2回住民文化祭」~

マンションの住民が、自分の特技や趣味を活かして先生やスタッフになり、住民同士の交流を育むという。そんな「住民主体」のコミュニティづくりを目指す取り組みが「マンションアフタースクールプロジェクト」です。2013年4月に行われた第1回の「住民文化祭」には、多くの人々が参加し、みごと大成功を収めました。

とはいえ、第1回目はまだまだ今後を占う試金石。住民の方々がアイデアを出し合い、主体的にテーマやプログラムをまとめ上げた今回の「第2回住民文化祭」の成功が、このプロジェクトを将来へとつなげる確実な一歩となることは間違いありません。そんな大きな期待と人々の気持ちが形となった、「第2回住民文化祭」の模様をリポートします。

通りがかった人も思わず足を止めて見入ってしまうほど、大勢の方々が参加してくださいました。

今回も大成功! 「第2回住民文化祭」

日に日に寒さが増す2013年11月30日。住民文化祭の舞台となる東京都心に建つタワーマンションには、昼前からすでに抑えきれない熱気が満ちていました。

開催時間の前から準備を進めているのは、マンション住民の方々によって結成された文化祭実行委員会のメンバーと、それをサポートするNPO団体「放課後NPOアフタースクール」、そしてマンション・ラボ編集部の面々です。エントランスの各所に特設スペースを作り、作業を進めるみなさんの顔は、イベントに向けた高揚感でいっぱいです。

住民文化祭も2回目となると、誰もが手際よく準備を進めていきます。そして、住人のみなさんが集まり始めた頃、マンション理事会の方が前に歩み出ました。開会のあいさつです。

「みなさん、今日はぜひ文化祭を楽しみましょう!」

午後1時30分。待ちに待った「第2回住民文化祭」は、こうして満場の拍手とともに幕を開けました。

文化祭開始のあいさつをするコミュニティ担当理事

大人気で時間延長された『フォトボードづくりワークショップ』

文化祭では、「住民スタッフ」の名札を付けた実行委員会メンバーがそれぞれブースを担当し、各イベントを取り仕切りました。なかでも、開始直後から子どもたちが殺到し、大人気となったのが『フォトボードづくりワークショップ』です。

これは、インスタントカメラで参加する子どもたちを撮影し、その写真を貼り付けるフォトボードを子どもたち自身が作り上げるというもの。色紙やカラーペン、マスキングテープ、ビーズなどの材料が準備され、みんな真剣な表情で取り組みました。

『フォトボードづくりワークショップ』は、開始時から夕方遅くまで大盛況。準備されたさまざまな道具を使って、お母さん方も一緒になって作りました。

「こんな風に、記念に残るものを子どもたちが自分で作れるのはうれしいですね!」
「私も、思わず子どもと一緒に真剣になっちゃいました(笑)」

そんな親御さんの声も聞こえてきます。あまりの盛況ぶりに、予定では3時に終了するはずだったこのワークショップは延長され、結局片づけが始まったのは、すっかり日が暮れた夕方5時を過ぎてからでした。

一方、大人の人気を集めたのは、住人の方々などが趣味で作ったさまざまな作品が展示されたスペース。布やガラスなどで作った小物のほか、マンションの清掃員の方が編んだポンチョと帽子も展示されていています。

まさに、このマンションに関わるさまざまな人の知られざる特技が垣間見える絶好の機会。会場では展示品を見ている人に作者の方が話しかけるなどして、話が弾む様子もみられました。

作品展示スペースには大人たちが集まり、作り手と会話を交わしていました。

会場では作り手のおひとりが自由にコメントを残してもらえる「感想ノート」が準備されていました。なかを覗かせてもらうと、
「自己流とお聞きしましたが、センスがいいからでしょうか、ステキです」
「色遣いやデザインがとても洗練されていて、みなさんすばらしい」
などというメッセージがいっぱいになっています。

こうした感想を前にして、作り手の方も顔をほころばせます。

「普段家に飾っても見るのは夫と私だけだけど、こんな風に大勢の人に楽しんでもらえれば、作品作りの励みになりますね」

そんな風にお話ししてくださる方も多く、作り手のみなさんにとっても、こうした発表の場になることは大きな意味を持っていることがわかりました。

作品は冬やクリスマスをイメージしたものが多く、季節感たっぷり。

さまざまな方が作った作品がテーブルごとに飾られ、思わず見入ってしまいます。

感想が書かれたノート。大人の方はもちろん、子どもたちも思い思いのメッセージを残していました。

次のページ:“音楽”をテーマに2つの催し物が連動!!

2014/01/24

プロフィール

平岩 国泰

放課後NPOアフタースクール代表理事。1974年東京都出身。1996年 慶應義塾大学経済学部卒。2004年長女の誕生を機に放課後NPOアフタースクールの活動開始。日本初の“放課後NPO”の活動は、100種類以上の“放課後プログラム”が誕生し、1万人以上の子どもが参加。グッドデザイン賞(2年連続)他各種受賞。


↑ page top