マンション防災対策の勘違い―地震に備えてお風呂に水をためておくのは良い?悪い?

災害に備える意味で、浴槽に水を張ったままにしている方はどの位いらっしゃるでしょうか?よく議論になりがちな「防災のための浴槽の水」の勘違いについて考えてみましょう。

お風呂を使ったあと、洗濯用水に再利用するために浴槽に風呂水をためたままにしている方も多いことでしょう。ただ、地震の際に生活用水やトイレ用水として活用するためにお風呂の水をためたままにしている方は、注意が必要です。

大地震で排水管が破損している可能性がある限り、マンション全体で排水してはいけない

大地震が起こった場合、マンションの排水管に破損がないか確認できるまでは、排水しないことが基本です。トイレ、キッチン、浴槽、すべて排水してはいけません。もし排水設備が破損していたら、どこかで詰まって部屋に下水が逆流してくる可能性があるからです。

[地震対策・水の備え]お風呂の水は使えない?マンション災害時の節水術

「浴槽に張った水は、何のために用いるのか?」を考えてみる

大地震が起こるとマンション全体で排水禁止になるため、そもそも風呂水をためていること自体意味がなくなってきます。

たいていの方は、風呂水をトイレの排水や生活用水として使おうと考えているはずです。しかしトイレで排泄物や水を「排水してはいけない」ため、排泄物は災害用トイレを使ってポリ袋で処理します。

では生活用水はどうでしょう?
家族が体を洗ったあとの風呂水を、レトルト食品などの温めに使うのは、衛生面でも精神的な部分でもためらわれますよね。汚れものを洗っても排水できないため、浴槽の水の汚れが進むだけです。また残り湯には菌が発生しやすいので、臭いのもとになる可能性もあります。

「浴槽の風呂水は何かのときに使える」という発想はいいのですが、「風呂水を何のために使うのか」や「災害時に排水できない場合はどうするのか」という状況まで考慮しておかないと意味がありません。

防災は想像力です。想像力を働かせて、いつも最悪の状況でも対応できることを考えてみてください。

もし風呂水や雨水などから安全な飲料水を作る非常用浄水器の備えがあれば、風呂水を役立てることができます。

マンション防災・共助に役立つ!「震災対策技術展」で見つけた浄水装置や兼用担架【管理組合編】

防災対策の勘違いを正して、実践的な防災力を身につけましょう

風呂水を防災に役立てようという、防災への関心の高さは良いことだと思います。ただ、漠然とした備えではなく、結果まで考えた実践的な防災力を身につけるようにしていきたいですね。

マンション防災対策については、他にもさまざまな勘違いや思い違いがあります。他の記事も参考にして、正しい防災知識を学んでいただければと思います。

マンション防災対策の勘違い—突っ張り棒を使った正しい家具固定のやり方

マンション防災対策の勘違い—災害用トイレの備蓄量

マンション防災対策の勘違い—家具固定だけでなく家電も固定していますか?

2017/10/20

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所


↑ page top