マンションのベランダで育てる春・夏の花の種類と育て方

マンションのベランダで育てる、春・夏の花の種類と育て方をアドバイスします。

春・夏の花の植え替え時の注意と水やり

春・夏は、マンションのベランダで花を育てる方も多いと思います。春先にポッドで売っている花の苗は、よく成長するように一回り大きい鉢に植え替えましょう。植え替え時には、固形肥料を与えます。
花は、水を欲します。水やりが十分かどうかは、花の場合は水分が足りないとすぐ萎れてくるのでよくわかります。水を与えれば復活も早いのが花の特徴です。ただ、頻繁に水分不足で萎れさせてしまうと傷んでくるので注意が必要です。

また6月の梅雨時は、雨降りが長く日照時間が短いため、土が蒸れてくるので花が腐りやすくなります。マンションのベランダで花を育てる場合は、長雨に当てないようにして、梅雨時は雨の当たらない場所に移動させます。葉が密集して生えるタイプの花は梅雨時に蒸れやすいので、葉を間引くなどして蒸れないように対策をしてください。

アオムシやアブラムシなどの葉を食べる虫には、天然成分を使用した殺虫剤『パイベニカVスプレー』(住友化学園芸)を。

春に植えて夏から秋まで楽しめる一年草の花々

今の時期に植えて、夏まで楽しめる花をご紹介します。一年草なので、秋まで楽しめます(クレマチスは種類によって花期が変わります)。プランターに寄せ植えにして、華やかな花の景色をベランダで眺めるのもよさそうですね。寄せ植えは、好きな花を選んで立体的なレイアウトで植えてみてください。寄せ植えのコツは以下の記事でアドバイスしています。

冬でも楽しめるマンションガーデニング術~シックな寄せ植えその1「赤と緑」~

室内に季節を呼ぶ! 春の花の鉢植えをインテリアに取り入れる

ペチュニア チャーリー(ナス科ペチュニア属) 開花時期は4月〜11月まで。

ペチュニア 正輝(ナス科ペチュニア属) 縁取りにグリーンが入るペチュニア。

ペチュニア 17歳(ナス科ペチュニア属) ライムグリーンとホワイトの2色咲き。

カリブラコア サンバ(ナス科 / カリブラコア属) 小さな花を長期間咲かせる。

ユーフォルビア ダイアモンドスター(トウダイグサ科ニシキソウ属) 純白の小さな苞が積み重なる八重ユーフォルビア。

アレナリア・モンタナ(ナデシコ科アレナリア属) 可憐な白い小さい花を咲かせる。

クスダマツメクサ(マメ科シャジクソウ) 小さな黄色い花が愛らしい。グランドカバーに。

クレマチス(キンポウゲ科 / センニンソウ属) 8枚花びらの薄紫のクレマチス。

クレマチス ダッチェス・オブ・エジンバラ(キンポウゲ科クレマチス属) ホワイトの八重咲き種。

クレマチス 花炎(キンポウゲ科) 緑が混ざった赤の艶やかな花。

マンションの窓辺やベランダに花の寄せ植えがあれば、目にも心にも心地よい暮らしが過ごせるはずです。ぜひ気に入った花の苗を選んで、今日からガーデニングを始めてみてください。

2017/05/31

プロフィール

↑ page top