冬から春へ衣替え!マンションにおける衣類収納・整理の工夫とは?

冬から春への季節の移り変わり。身にまとっている様々なものを脱ぎ捨てて洋服が軽やかになると、自分の生活ももう少し身軽にしたいと感じます。

要るものと要らないものを区別する

まず、冬物から春物への衣替えの際に、着ていない服や着倒した服の取捨選択をしています。冬物は春夏物と比べて厚手で重さがあり、保管のための場所も取ります。そして、コートや一部のニット類はクリーニング代もかかります。だから、より吟味して持ち続けるかどうかを判断しています。
どんなにお手入れしても毛玉になりやすい、毛がコートにつきやすい、チクチクするなど、秋冬物は通常の判断基準である「形」「サイズ感」「似合わない」「ダメージ」に加えて、「着心地」「毛玉・穴」というチェックポイントも加わるため、判断がしやすいのです。

とはいえ、これらのチェックポイントに当てはまるからといって、何でもすっぱりと手放せるわけではありませんね。私の場合、ユニクロのカシミアセーターは、肌に触れた感触が気持ちいいのでパジャマ代わりに。わずかに縮んで外には着ていけなくなった、質のいいハイゲージウールニットは、Tシャツやスウェットの代わりに、部屋着として着用しています。ウール素材は天然の消臭効果があるため、毎日は洗濯しない部屋着やインナーとして使うのは最適です。このようにして、それぞれの素材の特長をいかした次の使い方を考えるのもいいでしょう。
ただし、それを理由にむやみに取っておくのはNG。そもそも部屋着やパジャマは春夏と秋冬でそれぞれ2~3組あれば十分です。クローゼットが溢れている方は、部屋着やパジャマ類を沢山持っている傾向があるので、そこも見直しポイントですよ。

そのほか、タイツやレギンス、インナー類も、傷みやすいのでチェックしています。しまう時はリストラ対象にならなかったけれど、出す時に久しぶりに見たらどうしてこんなにヨレヨレな物を着ていたのかと驚くことも。それで秋口にどっさり処分して、慌てて新しいものを買いに走った時もありました。ですから、チェックは年に2回することをおすすめします。

取捨選択の考え方についてはこちらも参考にしてみて下さいね。
持ちものを見直そう~取捨選択のポイント~
持ちものを見直そう~新陳代謝するものと持ち続けるもの~

すっきりした部屋を保つための2つのルール

「それなりに買物もしているようですが、どうしてすっきりした部屋を保てているのですか?」というご質問をよくいただきますが、それは手に入れていいジャンルを絞っている(主に洋服、本、食品)のと、程よく新陳代謝しているから。
たとえば、食品は食べてしまえばなくなります。本は仕事柄かなり買いますが、手元に残すのはほんのわずか。洋服も手頃な価格のものは数シーズンで着倒して、残すものについても上記のような方法でチェックしています。


家に「入れる」のと同じくらい、「出す」ように心がけると、物量が適度に保たれて極端に物が増えることもありません。軽やかな春に、衣替えがてら持ち物の見直しをしてみませんか。

クローゼットへの収納方法はこちらからご覧ください。
クローゼットのお片づけ その1
クローゼットのお片づけ その2

2017/04/07

プロフィール

柳沢 小実

1975年 東京都生まれ

日本大学芸術学部 写真学科卒業

エッセイスト、整理収納アドバイザー


暮らしにまつわる著書多数。ファッションと美味しいものが好きで、収納好きが高じて、整理収納アドバイザー1級の資格を取得。手間をかけずにすっきり見える収納法を日々研究中。


公式HP『ふらりふらり帖』


↑ page top