マンションの防災点検はどこまで行うのが適切か?

火災による被害を最小限に抑えるために、消防用設備の点検は必須です。今回は、点検方法や内容についてご紹介いたします。

消防設備の点検

いざというときに消防用設備機器や特殊消防用設備などが使えなければ意味がありませんから、半年に1回定期的な点検を行うよう、消防法によって義務付けられています。また、その結果を3年毎に消防署に報告しなければいけません。点検結果の内容次第では、消防署から設備の改善について指導される場合もあります。

点検内容

【総合点検】

動力防火用ポンプの状態、消火器の性能、非常電源(自家発電装置)消火栓からの放水などを実際に使用して正常に作動するか、総合的な点検を1年に1回実施する必要があります。

【機器点検】

機能が簡単な操作により点検可能な消防用設備については、半年に1回実際に非常ベルや感知器等を作動させて点検を行います。

消防用設備の種類

【消火設備】水その他消火剤を使用する器具または設備

消火器及び簡易消火用具(バケツ・水槽・乾燥砂)、スプリンクラー設備、屋内消火栓設備、動力消防ポンプ設備、粉末消火設備、屋外消火栓設備、ハロゲン化物消火設備など。
[マンション火災]屋内消火栓の種類と使用方法を知る
[マンション火災]高層マンションの火災に学ぶ、スプリンクラーの重要性

【警報設備】火災の発生を報知する器具または設備

自動火災報知設備、漏電火災警報器、消防機関へ通報する火災報知設備、非常警報設備(自動式サイレン、非常ベル、放送設備)など。

【避難設備】

避難はしご、緩降機などの避難器具。誘導標識・誘導灯。
マンションの避難はしごを実際に降りるとどうなのか試してみた~いのこ、恐怖の避難はしご体験~

【消火活動用の設備】

排煙設備、連結送水管設備、非常コンセント設備など。

点検には居住者の協力が必要

消防設備の点検の時期になると各居住者へ連絡がくるため、点検日には在宅して点検に協力するようにしましょう。自宅の消防設備の点検を怠ったことで、消防・防災活動に支障をきたすことになりかねません。

いかがでしたか?自分は大丈夫、といった過信をすることなく、日頃から居住者一人ひとりが防災意識を高め、避難訓練や消防計画の作成など、自分たちでできる火災への対応を心掛けましょう。
[実例に学ぶマンション防災 3]楽しく参加できる避難訓練を企画
思わず参加したくなる、新しい防災訓練のカタチとは?~ツアー編~
防災訓練アイデア集!家庭で「マンション内被災生活」のシミュレーションを

2017/03/31

↑ page top