マンションの防災マニュアル作成のススメ

大規模な災害が発生した際、住民の被害を軽減するためには、管理組合や防災組織が中心となり、速やかな防災活動を行なう必要があります。そのためにも、マンション独自の『防災マニュアル』を作成しておくことをおすすめします。

防災マニュアルとは?

非常時における居住者や管理組合の「行動指針・役割分担」をあらかじめ決めておくものが「防災マニュアル」です。いざという時に役立てるため、防災訓練に防災マニュアルの内容を取り入れるなどし、内容を十分に理解しておく必要があります。
[実例に学ぶマンション防災 1]マンション独自の防災マニュアル

マンション独自のマニュアルの必要性

居住者の人数、非常用設備や管理組合の体制、マンションの立地や構造、行政の対応などはマンションによって異なります。そのため、画一的なマニュアルよりも、自分たちの住むマンションの規模や構造などに合った、オリジナルの最適なマニュアルを準備しておくことも必要です。

防災マニュアル作成のポイント

居住者に内容を理解してもらうために、できるだけ見やすく、わかりやすい防災マニュアルを作成するよう心がけると良いでしょう。
また、行政から避難命令が発令された場合にとるべき行動や、事前の備えに役立つチェックリスト、震災時に使用できる安否確認用シートなども付けておくと、実用的な内容にもなり便利です。

防災マニュアルに則った防災訓練を

防災マニュアルは、完成したら終わりではありません。有事に役立つ実践的なマニュアルを作成するためには、マニュアルの内容に沿った防災行動を実際に試してみることも必要です。
うまく機能した点や想定外だった点などの課題を、さらに検討・修正しながら精度を高めていくことが大切です。
防災訓練などで実践と検証を繰り返しながら、より実践的なマニュアルにしていきましょう。
防災計画書や防災訓練…自主管理に優れたマンション「コープ南砂」の防災力がすごい!
防災訓練アイデア集!家庭で「マンション内被災生活」のシミュレーションを


いかがでしたでしょうか。
災害時の被害軽減には、自助による備えが基本となりますが、居住者が協力し助け合う「共助」の体制も構築することで、さらなる被害軽減につながります。そのためにも、マンション独自の防災マニュアルを作成し、指針やルールを周知することが必要といえるでしょう。

防災マニュアル作成中に、3.11の東日本大震災に遭遇したマンションの体験談もぜひ参考にしてみて下さい。
3.11被災マンションの防災対策に学ぶ、事前準備の大切さとコミュニティ力

2017/03/17

↑ page top