マンションの防火管理者に選任された場合に取得を目指すべき資格とは?

マンションでは「防火管理者」を選任していますが、専任された方は専門家ではないので、何をどのようにして取り組むべきか、お困りの場合も多いと思います。そこで今回は、防火管理者に選任された方が取得を目指すべき資格について、ご説明いたします。

防火管理者とは?

防火管理者とは、大規模な建築物などにおいて、火災による被害を防止するための消防計画の作成、防火管理業務の実施等の責任者のことを言います。
建築物の所有者は消防法に基づいて、防火管理者の資格を持っている人の中から防火管理者を選任し、防火管理業務を行わせることを義務付けられています。ただし、「一定規模以上の建築物」という基準があるため、その規模に該当しない建物であれば、防火管理者を選任する必要はありません。

マンションで作る災害対策本部の組織例は以下の記事を参考にしてみて下さい。
マンションで取り組む、地震防災6つのポイント

●防火管理者が必要な建物
【甲種】

・延べ床面積に関係なく収容人員が10名以上の救護施設、乳児院、認知症グループホームなどの自力避難困難者が入所する社会福祉施設等
・収容人員30名以上で、延べ床面積が300平方メートル以上の劇場、飲食店、旅館、病院などの不特定の人が出入りする建物等
・収容人員50名以上で延べ床面積が500平方メートル以上の共同住宅、学校、工場、事務所などの特定の人が出入りする建物等
・延べ床面積に関係なく収容人員が50名以上の一定規模以上の新築工事中の建築物、または建造中の旅客船

【乙種】

複合型商業施設でのテナント等、延べ面積が甲種防火対象物未満のもの(乙種防火対象物)。

参考→防火管理講習メニュー(外部リンク)

防火管理講習を受講する

防火管理者の資格を取得するには、防火管理講習を受講する必要があります。

【甲種防火管理新規講習】

甲種防火管理者として選任されることができる資格を取得するための講習。
講習時間は約10時間で、2日間にわたり行われる。

【乙種防火管理講習】

乙種防火管理者として選任されることができる資格を取得するための講習。
講習時間は約5時間で、1日で終わる。

【甲種防火管理再講習】

一定の防火対象物(特定用途、収容人員300人以上)において、甲種防火管理者として選任されている方が受ける講習。
講習時間は約2時間で、半日で終わる。

参考→防火管理講習メニュー(外部リンク)

防火管理講習が受講できるのは、防火管理者に選任される予定のある方のみです。また、受講日時や会場等は地域により異なりますので、受講の申込みや詳細の確認は、各地域の消防本部、消防署、もしくは日本防火・防災協会に問い合わせてください。


防火管理者の資格は国家資格ですが、それほど難しくはないため、合格率はかなり高めです。しかし東日本大震災以降、防災・防火の意識は高まっており、今後ますます防火管理者の重要性も高まると思われます。防火管理者に選任された方は、資格を取得後も防火管理業務について十分に勉強し、災害に対する備えをしっかりと行いましょう。

管理組合がやっておくべき防災対策については、以下の記事でご紹介しています。
マンションの管理組合が行うべき防災対策とは?

2017/03/15

↑ page top