中古マンションの水回りを徹底リフォーム!快適でオシャレなお部屋に大変身

リフォームのきっかけはさまざまですが、暮らしの中で、大きな「困りごと」ができ、リフォームに踏み切るケースもあるようです。今回、紹介する事例は、繰り返し起きる「カビの発生」と「水漏れ」を解消するために行ったケース。
表面的なところや素人目ではわからないことが明らかになり、数年来悩まされたことを解消し、快適なマンションライフを手に入れたお宅にお邪魔しました。

【取材者・住環境紹介】

東京都文京区
築年:1989年
購入年月:2007年6月
居住年数:9年
広さ:141平米
間取り:3LDK
階数:4階建ての2階
家族構成:夫婦、長女(16歳)、長男(14歳)
リフォーム期間:2016年7月〜10月

思いもしなかった住まいの問題発生

住環境・部屋数・セキュリティなど、条件にぴったりだったことからこのマンションを選んだ鈴木さん。中古物件でしたが前居住者リフォーム後、未使用だったため室内はとてもきれいで、ヒノキ風呂とサウナが設置されていたことも気に入ったポイントのひとつでした。
しかし、住み始めて4年後に問題が発生してきました。

(1)繰り返し発生するカビ

まず、洗面所の天井と壁に黒カビが発生しました。換気不足が原因かと思いカビをしっかり取り除いた後に、換気扇を回し窓の解放などしてしっかり換気をしていました。
しかし、程なくしてカビはまた発生し、何度取り除いても同じことの繰り返しでした。

脱衣室の天井・壁の広範囲に発生した黒カビ。換気口は常に大きな音を立てて回っていましたが、実はこれにも問題が……。

そうするうちに、浴室の隣にある娘さんの部屋のクローゼットにまでカビが発生。これは換気のせいだけではなく、「構造上に何か問題があるのではないか?」と不安を抱き始めました。

(2)原因不明の水漏れは……

鈴木さん宅の階下は駐車場になっていて、その天井から水漏れが発生しました。そこで、鈴木さん宅からなるものではないかと、マンション管理会社による調査が行われることになりました。
すると、鈴木さん宅の床下で、水浸しになっている箇所を発見。浴室からの水漏れが疑われましたが、点検口からでは修理の必要な箇所を特定できず、確認できる範囲で水気を拭き取るにとどまりました。
ヒノキ風呂は水濡れに強いとはいえ劣化は免れず、約10年が使用の限界だそうです。9年が経過した鈴木さん宅の風呂は、木が浸食することで壁と浴槽との間に隙間ができ、そこから水が漏れていることが考えられました。この時点で、鈴木さんは浴室内で隙間ができている箇所に水をかけないよう留意することしかできず、そして再び駐車場への水漏れが始まってしまったのです。

ヒノキの浴槽は快適ですが、徹底して乾燥させることや細やかな手入れが必要。湿度がこもりがちの場で維持するのは困難のようです。

開けてびっくり! 住まいの裏側が大変なことに

問題が出るたびに処置を施しても、何度も繰り返してしまうカビの発生と水漏れ。鈴木さんは、原因不明のまま住み続けることへの不安を感じました。
住み始めて9年、家族の健康を第一に考えて問題を解明するために、“徹底リフォーム”に踏み切りました。
そして、リフォーム施工会社による解体作業が始まり、隠ぺい部分を開けて見えてきたのは……
3つの問題点でした。
・うまく排水できない細い排水管
・ヒノキの浴槽の下に設置すべき防水槽の不備
・ほとんど機能していない24時間換気システム

浴室の内装を剥がした箇所。カビの発生と水漏れの原因が明らかになりました。

問題を引き起こしていた原因に鈴木さんもビックリしました。しかし、原因が明らかになったことで、「常に心配している状況からやっと解放される」と安堵したのです。そして、耐久年数を超えたヒノキの浴槽を取り外し、排水配管を適切に接合し、防水性に優れたユニットバスを設置しました。

更なる湿気対策で選んだ快適建材

いざ工事が始まると、水漏れの原因がわかっただけでなく、機密性の高いマンションの頼みである換気システムに不具合も判明し、カビの発生原因が明確になりました。
リフォーム工事では換気システムを変えただけでなく、洗面所の湿気対策をしっかり行いました。
洗面所の壁は、「調湿効果」のある“珪藻土クロス”を使用。塗り壁よりも安価で、壁紙なので汚れた箇所のみの取り替えも可能です。また、浴室と隣り合わせの部屋のクローゼットと納戸(以前はサウナ室)は、内壁に調湿・脱臭効果の高い壁材を使用し、湿気と臭いがこもりがちな狭い空間にも万全の対策を施しました。

脱衣室にタオルウォーマーを設置しました。タオルを素早く乾かすだけでなく除湿と暖房効果も得られます。

家族の心地よさを追求したインテリア

何年にも渡り水漏れやカビに神経を使い、不自由な思いをしていた鈴木さん。リフォームに踏み切ってから、「住まいに身体を合わせて生活していた」と気づいたそうです。「困りごとを解決する」ことからスタートした大規模リフォームでしたが、それだけに家族それぞれの「心地よさの追求」をとことんしました。

(1)くつろぎの炎の揺れを感じられるリビング

暖炉が欲しかった夫のために、炎の揺らぎが見える壁掛け式ガスストーブを代わりに設置しました。ストーブ背面には大谷石を貼りました。部屋全体をベージュ、ブラウンでまとめながら、ダークグレーや優しい風合いの天然石をポイントに使って空間にアクセントを付けたことで、奥行きを感じられるリビングになりました。

ひときわ印象的な壁掛け式ガスストーブ。「炎の揺らぎを見ながらくつろぐ」という憧れを手にしました。

(2)こだわって選んだ輸入壁紙

奥様の趣味のカルトナージュ(厚紙で組み立てた箱に紙や布を貼るフランスの伝統手芸)で輸入壁紙の魅力を知り、随所に取り入れました。

調湿・脱臭効果のあるタイルと輸入壁紙を組み合わせたトイレの壁は面積が少ない分、大胆なデザインを思い切って取り入れました。鈴木さんの一番お気に入りの場所になりました。

(3)理想を形にした個室

娘さんの部屋は、本人の「本に囲まれた部屋にしたい」という希望で、造り付けの本棚を二か所に設置しました。

一か所だけアクセントに貼られた壁紙も、娘さんのセレクトです。

照明によるくつろぎ空間の演出

照明計画も見直しました。
シーリングライトは使わず、間接照明を取り入れました。壁や天井を直接照らし、その反射光が床面等を明るくすることで落ち着いた雰囲気になり、空間に奥行きが生まれ部屋を広く見せる効果もあります。
また、ペンダントライトを食卓に近い位置まで吊るしたことで、優しく温かい光が放たれ、鈴木さんが思い描いていた「家族が集まりたくなるリビング」になりました。

折り上げ天井を利用した間接照明。

希望通りの住まいにしてくれた皆さんに感謝!

工事完成後、快適になった住まいで生活をスタートさせた鈴木さんは、リフォームに関わった施工会社やデザイナー、職人の皆さんに、改めて感謝を伝えたいと思いました。そこで、皆さんをお招きし、お礼の食事会を開きました。
通常工事は工種ごとに職人さんが異なり、職人さんは持ち場が終わると他の現場へ移ります。
大工さんからは、「完成後に呼ばれたのは初めて。出来上がりを見られてとてもうれしい」と喜んでもらえました。
会では、不具合の起きた理由、工夫を凝らした箇所、工事の苦労話など、それぞれの職人さんでなければわからない貴重な話を聞くことができました。水漏れ、カビの問題で悩み余儀なくされたリフォームでしたが、設えひとつひとつに技術と想いが込められていること知り、良い機会となりました。
「新築同様で、まるで別の家のようです。住んでいたからこそわかる家事動線も、希望通り手に入れることができました。リフォームして住むのは、とても理にかなっていますね」と鈴木さんも大満足。
リフォームは、家族に清々しい日々をもたらしてくれたようです。

職人さん同士の交流も生まれ、大いに盛り上がりました。設計・デザインを担当した、リノベーションデザイン オフィス アンベリールの森山ひろ乃さん、施工を担当した株式会社ライフスタイルクリエイト(外部リンク)の向後さん、キッチンメーカー担当者、職人のみなさんとの食事会。

リフォームを検討されている方は、こちらでもたくさん記事をご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。
真似したい!リノベーション・リフォーム事例まとめ

文:Loco共感編集部 後藤菜穂

2017/02/08

↑ page top