マンション管理組合同士でつながるメリットとは?ブラウシア主催の住民意見交換会から学ぶ

同じ悩みを抱えるマンション管理組合同士で解決策や成功事例を共有できれば、きっとより良いマンションライフが生まれるはず。今回は、千葉市中央区のマンション「ブラウシア」管理組合が主催した、マンション管理組合同士の意見交換会の様子をご紹介します。

複数の管理組合との意見交換会を企画したきっかけは、テレビ放送「ガイアの夜明け」の反響から!

千葉市中央区にあるブラウシア(総戸数438戸)は、昨年テレビ「ガイアの夜明け」でマンションコミュニティの取り組みが大々的に紹介されました。その後の反響は大きく、全国のマンションから見学の申し込みや問い合わせが数多く寄せられたそうです。

テレビでも紹介された千葉市中央区ブラウシアのマンション交流術

高田前副理事長
「これまでも、お問い合わせ頂いた管理組合さんに対しては、マンションへお招きして個別で意見交換会を催していました。しかしテレビ放送後、お問い合わせ数が多くなったため、すべてに対応することが困難となりました。問い合わせ対応をやめることも検討しましたが、折角問い合わせ頂いたものを断るのも申し訳ないということになり、それならば、こちら側からFacebook等を活用し合同意見交換会を企画することで、回数を絞って開催することにしました」

ブラウシア管理組合のFacebook上で「マンション同士の意見交換会を行いませんか?」と呼び掛けたところ、6つのマンション管理組合が参加。中には関西から参加された熱心な管理組合もありました。

どの管理組合もさまざまな悩みをお持ちのはず。テレビで紹介されたブラウシアの取り組みは、きっと非常に関心の高いトピックスだったのでしょう。今回はその意見交換会の様子をご紹介しましょう。

誰もが学びたくなる!ブラウシアのさまざまな取り組み

6つの管理組合から合計11名が参加した住民意見交換会は、ブラウシアのコモンスタジオで行われました。

住民意見交換会は、以下のような充実したアジェンダで、昼食を挟んでなんと5時間にわたって行われました。

・ブラウシア管理組合の取り組み紹介
・ブラウシアの挑戦と改革はなぜ成しえたのか
・ブラウシア植栽5か年計画
・マンション内見学(植栽現場、シェアサイクル、自販機コーナー、サロン)
・ブラウシアコミュニティ活動
・長期修繕計画作成手順・修繕積立金改定
・参加管理組合の皆さんとの意見交換会

高田前副理事長によるブラウシア管理組合の取り組み紹介。当日の説明資料は十分用意されていて、皆さんにすべての情報をお届けしたいという気持ちが詰まっていました。

八柳前理事長による「ブラウシアの挑戦と改革はなぜ成しえたか」。これまでの取り組みの成功要因を分析。「住民はサービスの提供者であり受益者である」というコメントに頷く参加者。

植栽改修を住民交流の場に活用した事例を紹介する吉岡元副理事長。ブラウシアでは、植栽の長期改修5カ年計画により、枯れた中庭の芝生を人工芝に替えるなど、段階を経て改修工事を進めてきました。

説明後、改修した中庭を見学する参加者。改修後の様子を見学できるのもマンション意見交換会のメリットですね。質問も活発に行き交います。

駐輪場不足問題を改正するために導入したシェアサイクルを見学。二段式の駐輪場は、メンテナンス費削減効果も期待して、平置きへの変更などを検討中。

南修繕委員長による「長期修繕計画書作成手順・修繕積立金改定」の説明。他のマンションの長期修繕計画の考え方や合意形成の方法などの説明を伺えるという貴重な機会でした。

 

次ページ:中でも特に関心の高かった質疑応答とは・・・?>>

2017/02/07

↑ page top