マンションを高く売るコツを、新築価格の約2割増で売却したマンションマニアさんに学ぶ

マンションマニアさんが売却したマンション。モデルルームのようにきれいです。

マンションマニアさんが売却したマンション。モデルルームのようにきれいです。

10年間で6回もマンションを購入したマンション評論家のマンションマニアさんに、買い替え時に少しでもマンションを高く売るためのコツを教わりました。昨年売却したご自分のマンションは、なんと新築時の約2割アップだったとか! 買い替えを検討中の方は必読です!

10年間で6回のマンション購入経験のあるマンション評論家のマンションマニアさん

これまで購入したマンションにずっと住む永住派が主流の一方で、最近はお子さんの成長や定年後の生活など、ライフスタイルの変化に合わせてマンションを買い替える方々も増えてきました。
今回お話を伺ったマンション評論家のマンションマニアさんは、数々の新築・中古マンションをチェックしている一方で、ご自身でも10年間でなんと6回もマンションを購入! つまりその度に買い替えを経験されてきたということです。

マンションマニアさん
「勉強のために投資用マンションを1戸購入した他は、すべて自分が住むためのマンションでした。最近はマンション買い替えの相談も多いので、私が売却したマンションの事例を紹介しながら、売却のポイントをアドバイスしたいと思います」

新築時の価格よりも約2割高く売れたマンション売却、その秘訣は?

マンションマニアさんが昨年売却したマンションは、約5年半所有していたものです。売りに出してから約3ヵ月で成約が決定。新築購入時の価格より約2割の17%ほど値上がりして売却することができました。同時期に売り出されていた同じマンション内の他の部屋と比べると、坪単価も一番高かったそうです。その秘訣は何だったのでしょうか?

マンションマニアさん
「自分のマンションを売る行為はある意味で、戦場と同じです。仲介業者さんにおまかせしっぱなしではなく、売り主である自分も売る努力をすれば、売り方次第では相場よりも高く売れることもあります。簡単に言うと、ネットオークションでモノを売るときには、モノ本体の価値はもちろん、少しでも高く売れるために撮影方法やコンディションまできめ細かく整えますよね? マンションを売る際にも同じことがいえます。購入希望者が見学に来て『ここに住みたい!』と感動してもらえるような気配りをすることです」

なるほど!ネットオークションと同じと考えると、なんだかわかりやすいですね。
マンションマニアさんが、売り主さんにおすすめする売却時のポイントは以下の3点です。マンションマニアさんが実際に売却されたお部屋の写真と合わせて、3つのポイントについてご紹介します。

マンションを少しでも高く売却するために、売り主ができる3つのこと

(1)見学者を感動させる
(2)生活感を出さない
(3)新しい暮らしをイメージしやすく

(1)見学者を感動させる

見学者はお客様です。部屋を訪れた際に感動してくれるための努力を惜しみなく行ってください。見学者を迎える際には、室内のすべてのライトを点けておいて明るい雰囲気の中で見ていただくのも効果的です。
自分が魅力を感じて買ったマンションです。売却する際にも、その魅力を100%伝える努力をしましょう。窓からの庭の眺めが気に入った部屋なら、カーテンを開けて窓をきれいにしておく。もし夜景が気に入った部屋なら、日中に訪れた見学者にもわかるように夜景写真を飾っておく。
部屋をきれいに見せることで多少費用がかかっても、少しでも高く売れて、購入者も部屋を気に入って満足してくださったら、それが双方にとって価値があることです。

第一印象を決める玄関は美しく。室内のすべての電気を点けて明るい雰囲気で!

第一印象を決める玄関は美しく。室内のすべての電気を点けて明るい雰囲気で!

ルームフレグランスの香りでお出迎え。見学者をお迎えするという気持ちが大切なのですね。

ルームフレグランスの香りでお出迎え。見学者をお迎えするという気持ちが大切なのですね。

(2)生活感を出さない

住みながら見学者を迎える場合でも、見学者が来るときにはなるべく生活感を出さないように片づけることは必須です。床にモノを置かないだけでも見た目はかなり違ってきます。これもお客様を迎える気持ちで考えてください。もし引っ越し準備中であれば、段ボールなどは一室にまとめておくだけでも見栄えが違ってきます。
今回売却した部屋はハウスクリーニングを入れていません。壁紙は汚れていたら貼り替えた方がいいけれど、キッチンを取り替えるところまでやるのは非効率だとマンションマニアさんは言います。
ちなみに意外と気になるのが、エアコンまわりの室内配管。きちんと配管カバーを付けておくだけで、印象がぐんと変わります。「自分がもしこの部屋を購入するならば」という第三者の視点で室内を見回してみましょう。

意外と気になるエアコンまわり。きちんと配管カバーを付けていたことで第一印象が格段に違ってきます。

意外と気になるエアコンまわり。きちんと配管カバーを付けていたことで第一印象が格段に違ってきます。

ふだんから掃除していたバルコニー。エアコンの外の配管もきれいに壁沿いにカバーされていました。

ふだんから掃除していたバルコニー。エアコンの外の配管もきれいに壁沿いにカバーされていました。

(3)新しい暮らしをイメージしやすく

このマンションを買ったら、ここでどんな新生活ができるのか、新しい暮らしをイメージさせるのも大切です。購入時に部屋に合わせて買った家具などは、きれいなものであればそのまま美しく配置して、暮らしのイメージを演出してください。
もしすでに部屋を引き払っているならば、新築マンションのモデルルームを自分で作り上げる位の意識で、部屋をきれいにコーディネイトしてみましょう。
今回マンションマニアさんが売却したお部屋は、いくつかの家具をそのまま新しい購入者に引き継いだそうです。

部屋に合わせて購入した家具はそのまま配置しておくと、見学者も新しい生活をイメージしやすい。

部屋に合わせて購入した家具はそのまま配置しておくと、見学者も新しい生活をイメージしやすい。

次のページ>> マンションを売るときに99%の人ができていないこととは?

2017/01/25

↑ page top