マンションで育てる多肉植物、冬でも枯れない対策方法とは?

img_4713

マンションの部屋で育てる多肉植物の冬の管理方法をご紹介します。多肉植物のトラブルの原因は、室内の置き場所が問題となっている場合が多いです。

多肉植物2大トラブルの原因は、日照不足と水のやりすぎ

img_4714

多肉植物でよくある2大トラブルは、(1)元気がなくなった (2)枯れてしまったというものです。
葉色が悪くなったり間延びして元気がなかったりする場合は、日照時間の不足が原因です。枯れてしまう原因は、水のやりすぎによる根腐れです。

多肉植物は、室内の置き場所が大切です。なるべく日当たりのいい窓辺に置いてください。
また、冬と夏では太陽の位置が異なるため、室内の日当たりにも変化があります。冬は室内の奥まで日光が入ってくるので、冬の観葉植物は日当たりのいい場所に置いておけば、大きな問題は起こりません。多肉植物は乾燥に強いので、冬場の乾燥した室内でも意外と平気です。

マンションで多肉植物!冬にも強い個性的な形の肉厚品種

多肉植物の冬の管理は、日当たりのいい場所で「放っておく」位の感覚で水やり

多肉植物で次に多いトラブルが、水のやりすぎで枯らしてしまうことです。冬は、どの植物も成長期の夏ほど水をぐんぐん吸い上げません。冬と夏とでは水やりの頻度が変わってきます。しかし年中同じ感覚で水やりをしている人が多いようです。土がカラカラに乾くまで水やりをしないことを鉄則にしてください。
冬の多肉植物は、日当たりのいい場所に置いて、「放っておく」位の感覚で水やりをするとよいと思います。しかし、日当たりの悪い場所で放っておくのはNGです。

多肉植物が“枯れる”原因は、水やりのしすぎによる根腐れ

冬の多肉植物の水やり

写真のように、土がカラカラに乾くまで水やりはしません。鉢を持った重さで、土の乾燥具合がわかるようになると便利です。

写真のように、土がカラカラに乾くまで水やりはしません。鉢を持った重さで、土の乾燥具合がわかるようになると便利です。

土が乾いたら、水やりをします。

土が乾いたら、水やりをします。

鉢底に水が出てくるまで、水をやります。鉢カバーに入れている場合は、水がたまらないように注意します。

鉢底に水が出てくるまで、水をやります。鉢カバーに入れている場合は、水がたまらないように注意します。

多肉植物を枯らした経験がある人のための水やりのルール

多肉植物の鉢が大きい場合は、まんべんなく土に水を行き渡らせてください。

多肉植物の鉢が大きい場合は、まんべんなく土に水を行き渡らせてください。

多肉植物は、少々土が乾いても、アジアンタムなどのようにすぐ枯れてしまう訳ではありません。多肉植物を水のやりすぎで枯らした経験がある方は、ついつい水やりをしたくなる習慣が身に付いてしまっているのでしょう。
土が乾いたなと思った日から5〜7日後に水やりをするようにしてみてはいかがでしょう?

いつも植物を枯らせてしまう人にありがちな「根腐れ」の原因と対処方法

多肉植物より耐陰性のあるサンスベリアやサボテンの仲間

サンスベリアの鉢。

サンスベリアの鉢。

多肉植物よりも耐陰性があるのはサンスベリアです。1〜3月になると水を吸わなくなってきますので、室内の日当たりのいい場所に置いて、3週間置きくらいの頻度で水やりを行います。

サボテンの仲間のリップサリス。トゲのないタイプでみずみずしい緑色をしていますが、冬の間は、ほぼ水をやらずに育てます。

サボテンの仲間のリップサリス。トゲのないタイプでみずみずしい緑色をしていますが、冬の間は、ほぼ水をやらずに育てます。

多肉植物以外の植物も、冬の間の水やりは控えめに管理してください。

マンションでサボテン!水をやりすぎないことが育て方のポイント

次の記事では、多肉植物をバルコニーで管理する場合の注意と挿し木の増やし方についてご紹介します。

2017/01/12

プロフィール

↑ page top