熊本・大分地震に学ぶ!ペットと防災、意識の広がり

%e9%98%b2%e7%81%bd%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88

熊本・大分地震でも、ペットとの避難は問題でした。マンションでも被災時のペットへの対応を考えておく必要があります。

益城町 保健福祉センターの避難所に設置されたペット関連コーナー(写真提供©危機管理教育研究所)

益城町 保健福祉センターの避難所に設置されたペット関連コーナー(写真提供©危機管理教育研究所)

災害時のペットの救護対策は、自治体によって細かなルールが異なる

災害時のペットの扱い方については、最近かなり改善されてきました。環境省ではペット同行避難のガイドラインを発表しています。

ただ、自治体によってペットの同行避難については対応方法が異なります。一緒に避難所に避難しても、避難所の中にいられるのか、外に置いておくのかの対応方法は自治体によって違ってきます。お住まいの地域の防災計画などを事前に確認しておく方がよいでしょう。

熊本・大分地震でのペット同行避難事例

ペット同行避難者向けのテント村の様子(写真提供©危機管理教育研究所)

ペット同行避難者向けのテント村の様子(写真提供©危機管理教育研究所)

熊本の益城町では、NPO団体が総合体育館の敷地内にペット同行避難者向けのテント村を設置して、ペット連れ被災者もペットと一緒に過ごすことができました。

また、益城町 保健福祉センターには、最上部の写真にあるようにペット用ゲージやペットフードなどの救援物資、相談窓口や迷子情報などが集約されたペット専用コーナーが設けられていました。

益城町 総合体育館でのペットの様子(写真提供©危機管理教育研究所)

益城町 総合体育館でのペットの様子(写真提供©危機管理教育研究所)

ただ、ペットを一緒に入れられない避難所では、ペットと一緒に車中泊をする人や、気兼ねして避難所の出入口で過ごすなどの方法を選んだ方々もいらっしゃいました。

熊本市内の動物病院では、ペット同行避難者を病院の施設内に受け入れたというニュースも拝見しました。こうした民間の事例が数多く生まれてくれば、ペット同行避難の状況についてもっと改善できていくはずです。

発災直後は安全の確保が優先される〜飼い主が自分でできることを考える

熊本・大分地震でもそうでしたが、発災直後はまず安全の確保が優先されます。余震が落ちついて二ヶ月が過ぎた頃に、ようやくペット同行避難者をどうするかという問題が議論されるようになりました。
マンション内被災生活であれば、自宅で一緒に過ごせますが、転倒した家具やモノで室内がぐちゃぐちゃになった状態ではそれも難しくなります。共用部分を避難所にするのであれば、ペット同行避難はどのように対応するのか? ペット可のマンションでは、防災計画にそのことも入れておく必要があります。また、ペットを飼っている住民同士で、話し合っておくのもいいかもしれません。

自分でできる自助、マンション内で助け合う公助の面から、災害時のペットを守る方法を検討しておきましょう。

2016/12/30

プロフィール

国崎 信江

危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。文部科学省地震調査研究推進本部政策委員、防災科学技術委員などを務める。講演活動を中心にテレビや新聞など各メディアでも情報提供を行っているほか、被災地域で継続的な支援活動も行っている。

おもな著書に『大地震対策 あなたと家族を守る安全ガイド : ビジュアル版』(法研)、『震度7から家族を守る家: 防災・減災ハンドブック』(潮出版社)、『マンション・地震に備えた暮らし方 (地震防災の教科書)』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。


株式会社危機管理教育研究所

一般社団法人危機管理教育研究所


↑ page top