年末年始の防犯対策は大丈夫ですか?マンションの防犯テクニック&グッズ記事まとめ~マンション・ラボ~

top

年末年始は犯罪件数が増加する時期です。楽しい気分になりがちな時期でもありますが、犯罪被害に遇わないように、特に気を引き締めなければいけません。今回は、マンションの防犯テクニックと防犯グッズに関する記事を紹介します。

犯罪発生後では遅い!マンション防犯カメラの保守点検の再チェック

0330_5

最近の事件解明には、防犯カメラが大きな役割を果たしています。自分の住んでいるマンションに防犯カメラが設置してあったとしても、実際に事件が起こった時に役立たないと意味がありません。お住まいのマンションの防犯カメラについて、管理組合や住民の皆さんで、映り具合や角度のチェックなどを行うことが大事です。

また、マンションのエレベーターの防犯カメラについても、管理組合は、保守点検会社や管理会社任せにせず、何ヶ月かに1回は防犯カメラに録画した画像をチェックするなど、当事者意識を持つことが必要です。事件が起こってから不備が判明するといったことがないように、ぜひ参考にしてみてください。

http://www.mlab.ne.jp/columns/columns_20160517/

不審者を立ち入らせない!マンション駐輪場・駐車場の防犯対策

駐車場

マンション内で、比較的部外者が入りやすいと言われている駐車場・駐輪場の防犯対策についての記事です。「防犯チェックポイント」「車上狙いから車を守る!」「子供を犯罪から守る!」この3つのテーマで防犯ポイントを紹介しています。

小さいお子さんのいるご家庭では、たとえ少しの時間であっても、一人で駐輪場へ行かせないことが大事です。子供が駐車場・駐輪場で犯罪に遭う事件も多く発生していますので、お子さんも含め家族の安全について不安を抱えているという方は、この記事を参考にしてみてください。

http://www.mlab.ne.jp/columns/bouhan01_20111129/

地域の防犯情報をチェックして、安全なマンション暮らしを!

未然に犯罪に遭わないように行動するためには、自分が住んでいる地域の防犯情報を知っておくことが必要です。こちらの記事では、地域の防犯情報を収集する方法を紹介しています。

各県警が提供している「犯罪発生マップ」をチェックしたり、それが面倒な人は、警視庁のTwitterや、東京消防庁のFacebookページなどから情報を得ると良いです。そしてTwitterや、Facebookページをフォローしたら、それを家族と共有することがポイントです!

http://www.mlab.ne.jp/columns/bouhan01_20150420/

マンションのエレベーター防犯、危険回避のチェックポイント

同乗者に背中を向けないことが重要

エレベーターに乗る上での防犯のポイントや、お子さんへの配慮について紹介しています。「万一の場合に、やるべきこと・やってはいけないこと」も紹介していますので、もしもエレベーターで不審者などに遭遇してしまった場合の対処法も学べます。
この記事を参考にして、エレベーターの安全な乗り方を身につけてください!

http://www.mlab.ne.jp/columns/bouhan01_20110804/

国際化する犯罪への備え、マンションに多国語防犯ステッカーを

最近国際化しているという犯罪への対応策として、防犯ステッカーの多国語化について紹介している記事です。「防犯カメラ作動中」などの防犯ステッカーは、最近では、英語・日本語・中国語・韓国語の4カ国語表示ステッカーが用意されています。
マンション居住者の国際化も進んでいますので、防犯対策もそうした事情を考慮したうえで見直してみてはいかがでしょうか?

http://www.mlab.ne.jp/columns/bouhan01_20140619/

マンションのインターホンを防犯面で使いこなす方法

犯罪を防ぐための重要なアイテムであるインターホンですが、防犯面でうまく使いこなせている方は少ないようです。この記事では、インターホンの録画機能を用いて不審者をチェックする方法や、最近のインターホンのさまざまなセキュリティ機能について紹介しています。
お子さんを一人で留守番させることが多いという方は、特に参考にしていただきたいと思います。

http://www.mlab.ne.jp/columns/bouhan01_20120806/

マンションの空き巣対策!年末年始不在時にしておくべきこと

郵便受け

お正月休みの里帰りや旅行などの長期不在時に、空き巣に入られないための対策を紹介しています。郵便や新聞の配達を止めたり、マンションの管理員に連絡しておくなどの「届け出」や、隣近所にも留守にすることを伝える「声がけ」をしておくことが空き巣対策としては有効です。

また、「厚手のカーテンをほんのちょっと開けておく」などの、在宅の演出方法なども紹介していますので、年末年始に自宅を空けるという方は、ぜひ参考にしてください!

http://www.mlab.ne.jp/columns/bouhan01_20111222/


いかがでしょうか。
年末年始を安心して迎えるためにも、今一度防犯意識をしっかり持って取り組んでみてください。日常生活において少しでも防犯に不安を抱えている方にとって、今回のまとめが参考になれば幸いです。

2016/12/29

↑ page top