冬でも楽しめるマンションガーデニング術〜シックな寄せ植えその3「赤と緑と白」~

img_3785

冬の間楽しめる、大人っぽいシックな寄せ植えの紹介。今回は、テーマカラーが「赤と緑と白」。10種類の植物を少し大きめの鉢に寄せ植えします。

10種類の花と緑、「赤と緑と白」の寄せ植えの作り方

「赤と緑と白」の寄せ植えのレイアウトと鉢サイズ。

「赤と緑と白」の寄せ植えのレイアウトと鉢サイズ。

寄せ植えにする植物は、ゼラニウム、オリーブ、シキミヤ、白雪姫(ユウフォルビア レコフェラ)、ワイヤープランツ、チェッカベリー、オレガノ ヘレンハウゼン、ガーデンシクラメン赤・白、ユーカリーグニ(順不同)。

寄せ植えにする植物は、ゼラニウム、オリーブ、シキミヤ、白雪姫(ユウフォルビア レコフェラ)、ワイヤープランツ、チェッカベリー、オレガノ ヘレンハウゼン、ガーデンシクラメン赤・白、ユーカリーグニ(順不同)。

白い木製の鉢は、55cm×20cmの横長のタイプ。前後2列に寄せ植えします。まず底石を敷いて、ベースの土を入れます。

白い木製の鉢は、55cm×20cmの横長のタイプ。前後2列に寄せ植えします。まず底石を敷いて、ベースの土を入れます。

後列に植える苗を、鉢内にラフに並べてみて、全体の構図を考えます。このとき一番背の高いオリーブは、少し中心からずらした場所に配置するのがおすすめです。

後列に植える苗を、鉢内にラフに並べてみて、全体の構図を考えます。このとき一番背の高いオリーブは、少し中心からずらした場所に配置するのがおすすめです。

後列の構成が決まったら、前列のポイントとなるシクラメンの位置を決めます。

後列の構成が決まったら、前列のポイントとなるシクラメンの位置を決めます。

2列の植物の配置が決まったら、苗と苗の隙間に土を埋めていきます。前後左右の隙間をしっかり埋めていきます。

2列の植物の配置が決まったら、苗と苗の隙間に土を埋めていきます。前後左右の隙間をしっかり埋めていきます。

隙間を土で埋めていく微調整には、写真のように小さなスコップがあると便利です。

隙間を土で埋めていく微調整には、写真のように小さなスコップがあると便利です。

全部で10種類の寄せ植えの完成です。多種多様な冬の植物を寄せ植えしていますが、テーマカラーを決めたことで統一感がでます。

全部で10種類の寄せ植えの完成です。多種多様な冬の植物を寄せ植えしていますが、テーマカラーを決めたことで統一感がでます。

ゼラニウムの白とシキミヤのレッドオレンジが上品さを醸し出します。

ゼラニウムの白とシキミヤのレッドオレンジが上品さを醸し出します。

白雪姫(ユウフォルビア レコフェラ)も、品のある美しい花です。

白雪姫(ユウフォルビア レコフェラ)も、品のある美しい花です。

一般的には、寒くなると一気にガーデニングをする気持ちが衰えがちなようですが、冬には冬の花や緑の楽しみ方があります。バルコニーに冬の彩りを添えてくれる寄せ植えを楽しんでみてください。

冬でも楽しめるマンションガーデニング術~シックな寄せ植えその1「赤と緑」~
冬でも楽しめるマンションガーデニング術〜シックな寄せ植えその2「白と緑」~
クリスマスからお正月まで!ミニシクラメンなど冬の寄せ植えアレンジ

2016/12/07

プロフィール

↑ page top