LIXILショールームで考える~タイルの風水活用術~

今回は、先月から引き続き、LIXILさんのショールーム東京を訪れたときのことをレポートします。

_MG_0594

LIXILさんは、2011年に国内の主要な建材・設備機器メーカー5社が統合して生まれ、その後、いくつもの海外ブランドの企業を統合したグローバル企業なので、ありとあらゆるアイテムを取り扱っています。その中でも私は以前から内装壁タイルが素晴らしいと思っていたので、今回は内装壁タイルに注目してみたいと思います。

タイルは、水場だけのものではなく、前回ご紹介したように、マットな質感のものであれば居室にも非常に良く合います。また最近は、お部屋の壁の一部分だけに模様のある壁紙を貼るのが流行っていますが、同じように、お部屋の壁の一部分にだけタイルを貼るというのは、高級感があって素敵だと思います。

運気が上がる「パワースポットな部屋」をセルフコーディネートするポイント!

_MG_0584

そして、せっかくタイルを貼るなら、運気の上がる色を使って、きれいなお部屋というだけでなく運気の上がる部屋にしましょう。風水では、方位ごとにラッキーカラーがあります。長年の読者の皆さんはご存知だと思いますが、簡単に説明したいと思います。

万物は、木・火・土・メタル・水の5つのエレメント(要素)によってできているという考えを基にしていて、各方位にもそのエレメントが当てはめられています。そして、各方位の運気を上げるために、その方位のエレメントの色を使うと運気が上がると考えられているのです。

五行を象徴するエレメント

ブルー系

ブルー系は、「水」の気が司る北(仕事運)や、「木」の気が司る東(健康運)や南東(金運)にラッキーです。

水色のガラスのタイルは涼しげです。

水色のガラスのタイルは涼しげです。

白にネイビーのモザイクタイル。洗面化粧台の上に2本のボーダーラインがかわいいですね。

白にネイビーのモザイクタイル。洗面化粧台の上に2本のボーダーラインがかわいいですね。

グリーン系

グリーンは、「木」の気が司る東(健康運)と南東(金運)、それから「火」が司る方位の南(人気運)に良いカラーです。

パッチワークのように数種のタイルを組み合わせているのがカントリー風で楽しいです。

パッチワークのように数種のタイルを組み合わせているのがカントリー風で楽しいです。

レッド系

赤やオレンジやピンクや紫といったレッド系の色は、「火」の気が司る南(人気運)や、「土」の気が司る南西(結婚運)と北東(学業運)におすすめの色です。

オレンジ色の一色だけでなく、ブラウンや黄色も入ってカラーバリエーションになっているところがかわいいガラスのモザイク。水場は陰気になりがちなので、水場に明るい色を使うのは、陰陽のバランスがとれて、風水的にも良いです。

オレンジ色の一色だけでなく、ブラウンや黄色も入ってカラーバリエーションになっているところがかわいいガラスのモザイク。水場は陰気になりがちなので、水場に明るい色を使うのは、陰陽のバランスがとれて、風水的にも良いです。

マンション・ラボ編集の方が選んだのはこちら。形が魚のうろこのようでかわいいですよね。上にとがったこの形は、人気運を上げてくれるラッキーシェイプです。

マンション・ラボ編集の方が選んだのはこちら。形が魚のうろこのようでかわいいですよね。上にとがったこの形は、人気運を上げてくれるラッキーシェイプです。

ゴールド、シルバー

「メタル」の気が司る西(子孫運)と北西(後援運・人間関係運)の方位には、メタリックな色がラッキーです。

先程の白にネイビーのボーダーが入った洗面室の壁のように、ボーダーで入れるなどして、部分的に使うとオシャレです。

先程の白にネイビーのボーダーが入った洗面室の壁のように、ボーダーで入れるなどして、部分的に使うとオシャレです。

タイルの並べ方

タイルは、色だけでなく、並べ方によって「気」を表すことができます。

横のラインは、地平線のイメージで、「土」を表すので、長方形のタイルを横向きに貼ると、「土」の方位の運気を上げてくれます。「土」は「メタル」を生み出すので、「メタル」の方位にも良いです。

_MG_0618

この写真ように色を使わず白いタイルだけでも「土」を表現することができます。また、先程のボーダー模様のように、2種類のタイルを使ってラインを表現してもいいですね。

一方、縦のラインは「木」の生命力を表すので、長方形のタイルを縦に並べる貼り方は「木」の方位や、「火」の方位(木は燃えて火を増やすので)にラッキーです。

_MG_0624

この写真のように、白いタイルだけの部分と、ランダムにピンクのタイルを混ぜている部分とを、ストライプ模様にして貼るというのは、高度なデザインですね。

 

image1


このように、タイルは色や並べ方を考えると自分でいろいろな工夫ができて楽しいですね。ぜひ、風水の考えを取り入れて、ユニークな壁づくりを楽しんでみてください。次回は引き続き、LIXILさんのショールーム東京で、水場の色について考えます。

ご協力いただいた店舗:LIXILショールーム東京

lixil_tokyo_gaikan全国に94か所あるLIXILのショールームは自由にご覧いただけます。実物をその目で確かめられたり、実際に体験できるさまざまなメリットもご紹介しています。気軽な情報収集や、ご自宅に合わせた具体的なプランのご相談など、ご自分に合ったスタイルでご活用ください。(コーディネーターによる商品のご説明やお見積りは事前のご予約をおすすめいたします)

LIXILホームページ
http://www.lixil.co.jp/

2016/09/27

プロフィール

工藤 沙美

中国正統派風水の理論を、モダンインテリアで表現する英国式風水コンサルタント。心理学と子育ての経験を活かした親身なアドバイスや、英国公認インテリアデザイナーとして風水を取り入れたインテリアセンスが人気。講演会や執筆のほか、個人や企業の個別風水相談を中心に活動中。


工藤沙美先生のホームページ「風水インテリア」

工藤沙美先生のブログ「幸運指数UPの法則」


ブログ村「風水インテリア」ランキングに参加しています


↑ page top