マンションの民泊活用 ~メリット・デメリットは?トラブルは大丈夫?~

1116

自宅の部屋などを宿泊施設として提供するAirbnbなどの民泊サービスが人気ですが、マンションの防犯面からこの問題を考えてみます。

手軽にマンションの部屋を不特定多数のゲストに貸す民泊サービス

Airbnbなど、ホストとしてマンションの部屋や自宅を不特定多数のゲストに貸し出すインターネット上のマッチングサービスが人気です。日本への観光客増加に伴いホテルの稼働率も上がり、民泊推進が政府の方針になっていることも追い風にもなっています。

しかしマンション住民にとってみれば、オートロックのマンションに住民以外の人が出入りし、高級マンションの共有施設などを安価で共有する人に対して不快感を覚えるのは当然といえるでしょう。

民泊として利用されることにより、マンションの付加価値の低下や、セキュリティ面で問題が起こることも考えられますが、一番のトラブルは、管理組合も居住者も知らない間に、マンション内の一個人が民泊を始めていたということです。

一個人がネットを使って手軽に始められるサービスなので、理事会に許可を得ずに行っている住民がほとんどでしょう。

マンション内の民泊禁止が必要かどうかも含めて、今後は個々のマンションが、「自分達のマンションは民泊にイエスなのかノーなのか」話し合って決めておくことが必要です。それに伴う管理規約の整備も急務でしょう。

マンション内の部屋が民泊として貸し出された場合に考えられるリスク

住民の不快感だけでなく、民泊利用により、以下のような危機管理面でのデメリットが考えられます。

危機管理面でのデメリット

・ 鍵を渡された不特定多数の人々の出入りにより、マンションのセキュリティが甘くなる。二重三重のセキュリティがあっても意味をなさない。

・ お金さえだせば誰でも部屋を借りられる。いままでネットカフェを拠点として逃げていた犯罪者に使われる可能性がある。

・ 外国人利用者の増加に伴い、生活習慣や文化の違いから、マナー面でトラブルになりやすい(例:言葉が通じない、夜に大騒ぎする、共用施設を汚される、ゴミ問題など)。

・ 麻薬売買などの不法取り引きの場に使われる可能性。

・ ラブホテル替わりに使われる可能性があり、風紀面で問題。

・ 付加価値の多い高級マンションであればあるほど、利用される可能性がある。

・ 共用施設であるゲストルームが民泊の部屋として貸し出された場合、住民が使えなくなる可能性もある。

・ 室内での火災や事故の可能性。

このようにマンション全体で見れば、民泊にはデメリットしかなく、メリットは個人の貸し主にしかないのがよくわかります。

また、最近では分譲マンションのオーナーがビジネスとして部屋を民泊に貸し出している事例も目立ってきました。

いまのところ表面に上がってくるような事件となっていないだけで、マンションの民泊問題は、さまざまな危険性をはらんでいます。このことを踏まえ、それぞれのマンションで早急に民泊利用について是非を検討すべきです。

では、「マンションの民泊利用を承認しない」とするならば、民泊を阻止するためにできることは何でしょうか?

マンション住民が民泊を防ぐためにできること〜規約改正

今後、マンションの民泊利用は、ますます増えていくはずです。問題が顕在化する前に、早期に対策を図ることが責務でしょう。

管理組合でこの問題について話し合い、議決を取り、管理規約の改正などを弁護士に相談し、必要があれば細則条項を付けて対応しましょう。

細則条項の例

・ 不法に部屋を借りた人に対して、退去を求めることができる。
・ 民泊利用として部屋を貸し出した持ち主に対して、罰則規定を定める。

また、管理会社との連携も必須です。

マンション住民が民泊を防ぐためにできること〜行動ルール化

管理規約を整備して民泊利用を禁じるととともに、実際にマンション内で民泊利用をしているゲストらしき人を見かけたら、どのように対処するか、あらかじめ行動ルールを決めておきましょう。

マンション住民の行動ルール

・ 住民同士の挨拶、声の掛け合いを強化。

・ 大型トランクを持った外国人観光客を見かけたらなるべく声をかけて、民泊利用かどうか確かめる。

・ エレベーターホールに、多国語で「このマンションでは民泊利用を禁じている」旨を告知した張り紙をする。

・ 海外のゲストは事前に宿泊する部屋をネットで下調べすることが多いので、もしマンションのHPがあれば、多国語で民泊利用禁止を告知する。

・ 居住実体を把握するために、年に2回ほど居住者名簿を作成する。

住民同士の協力により、「このマンションはうるさいから民泊利用は止めておこう」とホスト側に思わせるくらい、根気強く防止策をとっていきましょう。

また、今後はAirbnbなどのマッチングサイトに、本マンションでは民泊利用を許していないという申し入れをしていくといった行動も必要になってくるかもしれません。こうしたことを視野に入れて、話し合っておきたいものです。

2015/11/17

プロフィール

↑ page top