災害時の対応が変わる!マンションの給水方式の違いをご存じですか?

お住まいのマンションの給水方式をご存じですか?
実は、大規模停電などが発生した際には、マンションの給水方式によって、停電時でも水道水が使えるかどうか、何階までは水道水が届くか、ということが異なってきます。そこで今回は、あまり馴染みのない、この「給水方式」についてご紹介したいと思います。

マンションの給水方式をまず確認してみましょう

給水方式とは、水を道路水道管からマンション各住戸まで供給する仕組みのことをいいます。マンション購入時のパンフレットには、給水方式までは記載されていないかもしれませんが、災害発生時には非常に大切な情報になります。管理会社に、お住まいのマンションの給水方式の種別と、停電時に水道が使用できるかどうかという点を、まずは問い合わせてみましょう。

主流の3タイプの給水方式—災害時のメリットとデメリット

マンションの給水方式には、大きく分けると2つの受水槽方式と、1つの直結増圧式の、計3種類があります。まずは方式ごとの特長と、災害が発生して断水した場合のメリットとデメリットをご説明します。


(1) 受水槽方式:高置水槽方式

受水槽と高置水槽、2つの貯水が利用できる
【方式】(水道管→受水槽→揚水ポンプ→高置水槽→各戸)
水道管から受水槽に貯めた水を揚水ポンプで、屋上に設置した高置水槽へ送り、そこから重力を使って各戸に配水します。日本のマンションで一般的に採用されている方式です。

【災害時のメリット 】受水槽と高置水槽の2ヵ所に合計2日分程度の水が貯水されているため、断水・停電時にはそこから水が使用できる。

【災害時のデメリット】災害時、上層階は水が出やすく、低層階にしたがい出にくくなる。停電時にポンプは作動しないため、直接水槽から汲み出す必要がある。屋上に設置されている高置水槽は、地震の揺れで破損し水が漏れ出して利用できないこともある。


(2)受水槽方式:ポンプ直送(ブースター)方式

受水槽の貯水が使用できる
【方式】(水道管→受水槽→給水ポンプ→各戸)
水道管から受水槽に貯めた水を給水ポンプで、直接各戸へ配水します。

【災害時のメリット 】受水槽に1日分程度の水が貯水されているため、断水・停電時にはそこから水が使用できる。

【災害時のデメリット】停電時にはポンプは作動しないため、直接水槽から水を汲み出す必要がある。


(3)直結増圧式(水道直結方式)

断水時でも3階までは給水される
【方式】(水道管→給水ポンプ→各戸)
水道管からの水を給水ポンプによって直接各戸へ配水します。技術の向上で水圧問題が解消されてきたため、最近の新築マンションではこの方式を採用していることが多く見受けられます。

【メリット 】受水槽の設置スペースが不要。断水・停電時でもマンションの1階から3階までは自力で水が出るため、そこから協力して全戸に水を分かち合うことが可能

【デメリット】受水槽がないため、断水・停電時には全戸分の貯水がない


以上、主流の3方式の災害時のメリット・デメリットをご紹介しました。
まずお住まいのマンションの給水方式を知り、そのメリットを利用して災害時にどのような体制で全戸に給水するかという防災マニュアルを作成しましょう。
また大規模修繕の際に、どの給水方式にするかということを、皆さんで再検討されてもよいでしょう。

以前ご紹介した加古川グリーンシティ防災会では、敷地内に防災井戸を掘って、飲料にもなる防災用水を確保されています。これこそマンションだからこそできる共助の一例ですね。災害発生時に、それぞれのマンションでどのように助け合って、確実に水を手に入れることができるか、その観点でしっかり話し合いをされるとよいと思います。

水の備えに関する他の記事もぜひご覧ください。

[地震対策・水の備え]マンションで1家族に必要な飲料水の備蓄量は?

[地震対策・水の備え]お風呂の水は使えない?マンション災害時の節水術

※ 写真はイメージです。

2012/05/28

プロフィール

国崎 信江

防災関連専門委員会所属。危機管理アドバイザーとして、全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、NHKなどのメディアに多数出演し、広く防災・防犯情報を提供している。『マンション・地震に備えた暮らし方』(つなぐネットコミュニケーションズ)、『狙われない子どもにする!親がすべきこと39』(扶桑社)など、著書も多数。

危機管理教育研究所の公式ホームページはこちら!


「守る力を」ネットワーク

「守る力を」サポーター

「減災:3月の議論」で減災コメンテーターとして参加しています。


ランキング

↑ page top