[知っておきたいマンション防災知識]蹴破り戸(隔て板)からの避難

緊急時にマンションのバルコニーから避難する際の、蹴破り戸の蹴破り方法をご存じですか? いざという時に慌てないために、今回は蹴破り戸についてご説明します。

蹴破り戸(隔て板)のさまざまな名称と2つの役割

蹴破り戸の名称

バルコニーにある戸境のパーテーションは、「蹴破り戸、隔て板、仕切り板、戸境の扉、パーテーション、間仕切り、ベランダ隔て」など、マンション毎にさまざまな名称で呼ばれています。ここでは、蹴破り戸としてご説明します。

蹴破り戸は、プライバシー保持と避難経路の確保のためにある

蹴破り戸は、非常時にマンションの2方向の避難(バルコニーと玄関)を確保するためと、平常時に隣戸とのプライバシーを守るための2つの役割があります。バルコニーから避難する場合には、蹴破り戸を自力で蹴破る必要があります。実際の避難訓練でも、蹴破り方を実体験する機会は少ないと思われますので、次に詳しく説明します。

右左の蹴破り戸、どちらから避難すべきかは、板の文字表示をチェック


部屋の位置にもよりますが、バルコニーの左右に蹴破り戸がある場合には、どちらの戸から避難するべきなのか、事前に確認しておきます。

蹴破り戸に「非常の時は、ここを破って隣戸へ避難できます/避難のため、ここには物を置かないでください」などと書かれている場合は、階下へ避難するための避難器具のある場所へつながっています。蹴破り戸に表示がない場合は、こちらからは行き止まりとなりますが、隣戸からこちらへ避難してくる方がいますので、注意してください。


どちらの表示の場合にも、避難の妨げになりますので、「蹴破り戸の前には日頃から決して物を置かない」ようにしてください。

バルコニーからの避難方法の流れについては、記事「[知っておきたいマンション防災知識]バルコニーからの避難方法」も併せてご覧ください。

蹴破って避難する際には、割れ口のギザギザに注意!

避難の方向を確認したら、蹴破り戸を破ります。

1.まず、蹴破り戸の向こう側の安全(火災や落下物の有無など)を確認します。

2.タオルや布を巻いてげんこつにした手や、固い靴を履いた足で、下側のボードを数回強く打ち破ります。通常1〜2回でヒビが入り、2〜3回で割れます。

3.打ち破ると写真のようにギザギザに割れます。危険な鋭利な角はさらに打ち破り、人が通れるくらいの大きさまで穴を開けて逃げます。

4.打ち破るまでに数十秒かかりますが、焦らないで何回も繰り返してください。
力の弱い高齢者には、自力で蹴破り戸を打ち破るのは難しいでしょう。同じマンションのフロアにお住まいの高齢者世帯には、避難時に声をかけあうなどの配慮を心がけてください。

「ベランダ避難体験キット」を利用して実体験してみる

マンションの避難訓練で、実際に蹴破り戸を打ち破る体験を行っておくと、どのくらいの力が必要でどのように割れるのかがよくわかります。

蹴破り戸のメーカーであるエスデー工業有限会社では、「ベランダ避難体験キット」をレンタル提供しています。こうしたキットを用いて、ぜひ一度お住まいのマンションで蹴破り戸を使った避難訓練を体験してみてください。


組み立て式キットは、パネル1枚+送料往復込みで25,000円。蹴破り用のパネルは1枚3,000円で用意されているとのことですので、蹴破り体験用に複数枚注文するとよいですね。マンションの仕様に合わせた避難キットもオーダーできるそうです。

「ベランダ避難体験キット」
お問合せ先:エスデー工業有限会社 048-988-1133
http://homepage3.nifty.com/SD/F3-4.html


マンションの避難経路は、玄関とバルコニーの2箇所だということを常に念頭に置き、どちらの場合にも迅速な避難行動がとれるよう、日頃から家族で話し合いましょう。

※「管理組合で取り組む!マンション地震防災」でも、
蹴破り戸を使った避難訓練に取り組むマンションの実例をご紹介しています。
[実例に学ぶマンション防災 3]楽しく参加できる避難訓練を企画

2012/03/26

プロフィール

国崎 信江

防災関連専門委員会所属。危機管理アドバイザーとして、全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、NHKなどのメディアに多数出演し、広く防災・防犯情報を提供している。『マンション・地震に備えた暮らし方』(つなぐネットコミュニケーションズ)、『狙われない子どもにする!親がすべきこと39』(扶桑社)など、著書も多数。

危機管理教育研究所の公式ホームページはこちら!


「守る力を」ネットワーク

「守る力を」サポーター

「減災:3月の議論」で減災コメンテーターとして参加しています。


ランキング

↑ page top