これからのリノベは、防災もマスト!「防災×リノベーション」を考える

防災の専門家 国崎信江さんと、リノベーションの専門家リノべる。白崎達也さんによる「防災×リノベーション」対談。中古マンションのリノベーションに、画期的な防災視点を取り入れるアイデアについて語っていただきました。

危機管理教育研究所 国崎信江さん

危機管理アドバイザーとして、全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、メディアに多数出演し、広く防災・防犯情報を提供。マンション・ラボでも防災・防犯記事を好評連載中。
http://www.kunizakinobue.com

リノべる。株式会社 一級建築士 白崎達也さん

セミオーダー制や定額制、リノベーション費用のローンサポートなど、数々の斬新な試みで、多くのリノベーション物件を手がける。いま注目のリノべる。株式会社の経営企画部 部長。
http://www.renoveru.jp/

これからのリノベーションには、室内の防災観点が必要。

白崎:マンション・ラボのリノベーションに関するアンケートの結果を拝見していると、やはりまだまだリノベーション意識は低いようですね。

リノベーションへの意識調査アンケート結果発表!

国崎:中古マンションは、耐震性が不安という声もあります。それに乗じて室内の防災対策についてもニーズが高いのではないでしょうか?

白崎:中古マンション購入の段階からお手伝いするケースもありますが、どのお客様も躯体の耐震性を非常に気になさいます。だけど、そこまで、なんですよね。そこから先の間取りや暮らし方で、どういう防災対策をするかという意識はほとんどない、というのが実情です。

国崎:阪神・淡路大震災のときに、戸建ての家が損壊して多くの命が奪われました。あの体験によって、マンションは耐震性さえしっかりしていれば、命が奪われることはないと思い込む方々が増えた気がいたします。

実際には、モノが倒れてきたことによって逃げられなくなり、火災に遭って亡くなられた方もおられました。部屋の中の安全対策が十分に行われないことで亡くなる命もあるのだということに気付いてほしいですね。

室内の家具の配置や導線まで、安全面に配慮するという考えをされる方はまだまだ少ないということですね。

リノベる。株式会社代表の山下智弘氏著による『リノベーションのススメ』では、住まいの新しい選択のひとつとしてのリノベーションを提案しいます。

白崎:確かにおっしゃる通りですね。我々もそこまでちゃんと理解をしておかないといけないですね。

いままで我々もお客様にはハード面のお話ばかり説明していましたし、室内の防災にまで気付きを与えるというのも我々の大切な役割ですね。

国崎:自由な家づくりができるリノベーションの機会に、防災の視点もアドバイスとして取り入れていただければ、安全で安心なお気に入りの住まいが実現するのですからね。

ぜひ、リノベーションをしたいという皆さんにも、防災×リノベーションの意識が浸透してほしいですね。

白崎:ただ、いわゆる突っ張り棒や防災グッズって、どうしても“暮らしのノイズ”になってしまうんですね。

いかに、防災という見え方がしないかが大切だと思いますね。

国崎:最近のリノベーションの傾向はどうですか?

白崎:一般的なLDKタイプのマンションがあるとすると、リビング・ダイニングはどーんと広くとって、寝室コーナーは最小限ベッドが置けるスペース。

主寝室からアプローチできる場所に大きなウォークインクローゼットを設けて、モノはそこに集約し、なるべくリビングには何も置かず広くシンプルに使うというスタイルが多いですね。

国崎:それは理想的ですね。シンプルでモノの少ないライフスタイルと防災は、親和性が高いんですよ。

何も置かない広いリビング、収納は一箇所に集約するというお話を伺っていると、そこに防災のエッセンスをプラスするだけで、デザイン面でも防災面でも満足のいく住まいに仕上がるのではないでしょうか。リノベーションは、防災マンションに仕立てやすいということですね。

白崎:ただ、我々が一番苦労するのは、躯体への家具などの取り付けです。躯体は共有部分なので、組合によっては「躯体にはビス一本打ってくれるな」というところもあるんです。

管理組合によっては、事前申告でアンカーもOKなマンションもありますが、規約がまちまちなので、家具を固定しやすい・しにくいといった状況は変わります。

今後、マンションのリフォームやリノベーションが増えてくると思いますので、管理組合が防災面まで配慮した規約をつくってくだされば、「防災×リノベーション」は、もっと普及していくと思います。

国崎:マンションの場合は、間仕切り壁と戸境壁しかなくて、一番強度があるのが戸境壁です。もし、穴を開けた所から水が浸透して中の鉄筋を錆びさせてしまったりしたら、建物の強度にも問題が及びますからね。それは解決が難しい悩みの一つです。

「防災×リノベ」は、ウォークインクローゼットで収納を一箇所に集約!

白崎:一概にはいえないとは思いますが、一般的にマンションの室内の防災で共通化できること、ここだけはこうやっておけばいいというのはありますか?

本も、大地震の際には凶器になる可能性が。

国崎:さきほどの例にあったように、家具や収納を集約するのもひとつの方法ですね。

ここは飾る場所、ここは収納する場所と、メリハリをつけて、リビングに不要なものは置かないようにします。

白崎:収納を集約するのは、ウォークインクローゼットですね。

国崎:ウォークインクローゼットに、災害時に散乱して危険な凶器になりうる本やモノを集約することが、防災につながります。

次のページ:地震が起こったら? 机の下に潜るよりも、ポールに掴まる方が安全

2013/10/10

↑ page top