マンション・ラボ編集部ブログ

気を付けよう!ポンコツ編集長が隠していたキャンプでのポンコツぶりと、初心者に伝えたい『3つの心得』とは?

みなさん、こんにちは。ポンコツ編集長のナルです。
先日公開した車中泊の記事(→驚きの結末!マンションで被災した場合に備えて車中泊を体験してみた結果がポンコツすぎた話)が意外にも!?好評いただいたので、調子に乗ってまだ話していなかったキャンプ取材でのポンコツぶりをブログでも書いてしまおうかなと。

題して「ポンコツが教える、キャンプ初心者が注意すべき3つの心得!」

1 カバンは身につけて離さないで!

解放感ハンパないキャンプでは、間違いなく初心者はテンションがあがります。当然、お酒の量も増え、グビグビガンガン飲んでいました。そんな私、はじめて言います。

バッグ、見失いました。。

肩にかけてたつもりだったけど途中から見失い。。財布も入ってたからヤバいと内心思ったけど、なぜか平静を装いましたがビクビクしてあまり眠れないし。。

結局見つかったのは翌朝。普通に自分が座ってたチェアにかかってました!どんだけポンコツなんだ、オレ。

こんな感じのチェアにカバンを引っ掛けたんだけど。。酔っぱらうとわからない(笑)。気をつけよう!

2  暗闇のトイレはドラクエの洞窟と同じだ!

酒を飲むとトイレが近い!じわじわくる尿意に負け、暗闇の中トイレを済ませたのはいいが…はじめて言います。

一人でトイレに行った後、帰りに迷い、焦りました。。

だって似たようなテントがたくさんたってるし、目印にしてた車は闇の中。。子供のように不安でした。
結局、ちょうど仲間がきたので、歩いてきた方向に向かって歩いたら無事ついたわけです。やっぱり明かりは大事だね。

山中に行けば、ライトがあってもこんなに暗闇なんです。わかるでしょ?迷子になるの。

こんな素敵な笑顔で歩いてきてくれました(暗闇だから顔まではわからなかったけど。。)ありがとう!

3  テントから逃げない。真っ向勝負だ!

宴の後は撤収作業。キャンパーの仲間が用意した調理器具や備品など気づいたものから片付けます。大勢で片付けると、そのあたりのものは次第になくなって、残るはテントやタープなどの大物に。でも、わたし言います。

実はテント触るの怖くて、片付けから逃げました!

ごまかすために、すでに洗い終わった鍋、4回ふきました!!でも、わたし、次は逃げない!テントに向き合うと誓います。

さまざまな形状のテントがあるんで戸惑いますが、頑張って経験しよう!(写真はイメージです)

こういった道具類も片付けるんですよ。食器洗うのはできるんだけどね。。。

みなさん、いかがでしたか?ポンコツは逃げてしまいましたが、何事も経験することで上達するもの。初めてのキャンプでも、できることをお手伝いしながら楽しく過ごせるのがいいですね。私も少しずつ自分でできるように頑張りたいと思います!

ちなみに、アウトドアグッズは災害時にも役立ちます!このようにキャンプなどで使っておくといざという時にスムーズに使えるので、ぜひ皆さんもご家族やお友達とキャンプに出かけてみてくださいね。

モンベルに聞く!アウトドアの知識をマンション防災に活かすためのヒント

教えて!スノーピークさん アウトドアはマンション防災に役立つ!?

2017/08/29

↑ page top