マンション・ラボ編集部ブログ

マンションと街の魅力を再発見しよう!!

みなさん、こんにちは。編集部のナルです。

新年度となり、マンション・ラボはなんと6年目に突入しました!
いろいろと試行錯誤をしながら苦労もありましたが、なんとかここまでたどり着けたのも、読者の皆様のおかげです!本当にありがとうございます(泣)

さて、これまでも頑張るマンション様を取材させていただいたり、防災や修繕といったマンションに役立つ情報や、ガーデニングや風水といった個別で楽しめる記事をご紹介してきました。もちろん、これらのテーマも引き続きご紹介していきますが、今年は「これからのマンションづくり」に必要だと思われる新しいテーマについてもご紹介していきたいと思います。
参考にしたい!マンション管理組合のアイデア満載の取り組み事例9選

特に注目しているのは、「街」そして「ブランディング」です。

やっぱり「このマンションに住みたい!」と思ってもらうには、「街の魅力」と「マンションの魅力(ブランド)」が合わさらなければならないと思います。両方の魅力が高ければ高いほど、選ばれるマンションになりますよね。その両方の魅力を高めるのは、やっぱり住民の方だと思うわけです。もちろん建物を良い状態で維持・管理をするのは管理会社さんのお仕事ですが、自分の暮らす街やマンションの魅力を伝えられるのは、住民一人一人の想いですよね。

いつも何気なく過ごしている街も、ちょっと視点や気分を変えるだけですごく新鮮なものに映ります。便利さだけじゃない、街のあたたかな雰囲気、線路を走る電車の音、居心地の良いカフェ、猫が集う公園。。最初にその街に降り立った時のことを思い出してみてください。きっとひとりひとりの心に何かしら街から訴えるものがあったはずです。こうした自分だけの街のお気に入りを集めるだけでも、人にお勧めできる立派なオリジナルのマップができそうです。

たとえば近所にこんな山がある!っていうのは自然好きにはたまりませんよね~

夏にはこんなにきれいな花火が上がるよ!という自慢できる街に住んでいるひともたくさんいるのでは

いやいや、我が家の近所にはこんなにおいしそうな牡蠣を一年中食べられるお店があるんだ!という自慢もあるでしょう

ここヨーロッパ?って勘違いしそうな街の風景が大好き、という方もいますよね!

それはマンションも然り。マンションのいいところ、好きなところをそれぞれ共有するだけでも、素敵なマンションに育てていきたい、という気持ちに少しでもなれたらいいですね。こうした取り組みを続けることで、少しずつマンションへの愛着がわいていけば、それが「ブランド」となり多くの人を惹きつけるマンションになるのではないでしょうか。

そんな活動のお役にたてる情報を、今後もしっかりご紹介できればと思います。


マンションをひとつの“まちづくり”と捉えて、積極的にコミュニティづくりにも取り組む西京極大門ハイツの事例もぜひご覧になってみて下さい。
西京極大門ハイツのスゴイ取り組み マンションは、まちづくりだ!経営学編
西京極大門ハイツのスゴイ取り組み マンションは、まちづくりだ!コミュニティ編
西京極大門ハイツのスゴイ取り組み マンションは、まちづくりだ!高齢者対策編
西京極大門ハイツのスゴイ取り組み マンションは、まちづくりだ!省エネ編

2017/05/10

↑ page top